GJ > 競馬ニュース > 悲願の中央ビッグタイトル狙う三浦皇成に「有力パートナー」集結!? 素質馬と権利取りを狙う弥生賞…古馬路線にも実力馬がスタンバイ
NEW

悲願の中央ビッグタイトル狙う三浦皇成に「有力パートナー」集結!? 素質馬と権利取りを狙う弥生賞…古馬路線にも実力馬がスタンバイ

【この記事のキーワード】, ,
悲願の中央ビッグタイトル狙う三浦皇成に「有力パートナー」集結!? 素質馬と権利取りを狙う弥生賞…古馬路線にも実力馬がスタンバイの画像1
三浦皇成騎手

 3月3日に行われる弥生賞ディープインパクト記念(G2)。皐月賞(G1)のトライアルでもあるこのレースには、ホープフルS(G1)2着馬シンエンペラーをはじめクラシック候補たちが集結する。

 そんな中で虎視眈々と権利取りを狙うのがシリウスコルトだ。弥生賞・皐月賞と同じ中山2000mでのレース経験は過去2回。前走のホープフルSでは展開向かずの6着だったが、前々走の芙蓉S(OP)では2馬身差の快勝と確かな実力を秘めている。

 弥生賞をステップに皐月賞の大舞台を見据えるシリウスコルト。そんなシリウスコルトとともにJRA・G1の初制覇に期待したいのが三浦皇成騎手だ。

 デビュー17年目の三浦騎手はここまで中央のG1を勝利した経験はない。昨年はギルデッドミラーやマリアエレーナなどG1も狙えそうな有力馬に乗る機会はあったものの、故障により相次ぎ引退してしまった。

 しかし今年の三浦騎手はビッグタイトルを狙えるパートナーが多数集まっている。3歳馬ではシリウスコルトをはじめロジリオン、ラムジェットと素質馬とともに勝利してきた。

 ロジリオンは切れ味抜群の末脚を武器に持つマイラーで、近4戦は全連対と安定した成績を収めている。陣営はNHKマイルC(G1)を目標と宣言しており、3歳マイルチャンピオンの座も夢ではない。

 ヒヤシンスS(L)を3馬身で圧勝したラムジェットの大目標は、米国のケンタッキーダービー(G1)だ。引き続き三浦騎手とのコンビで挑むと管理する佐々木晶三調教師がすでに明言している。

古馬路線にも実力馬がスタンバイ

 古馬路線でも実力馬が複数いる。3月24日に行われる高松宮記念(G1)にはウインカーネリアンとともに挑む予定。連覇を狙った前走の東京新聞杯(G3)は軽快に逃げつつも伏兵サクラトゥジュールにかわされ惜しくも2着だったが、距離短縮がうまく作用するか期待だ。

 ウインカーネリアンは今年で7歳と芝の現役馬ではベテランの部類だ。しかし昨年の覇者ファストフォースも7歳で高松宮記念を制しているため、大輪を咲かせる可能性も十分にあり得るだろう。

 また高松宮記念は一昨年、当時デビュー16年目の丸田恭介騎手がナランフレグで初G1勝利をあげた舞台としても知られている。同騎手と似たような状況といえそうな三浦騎手にとっても縁起のいい舞台となるかもしれない。

 古馬中距離路線のお手馬で、5歳にして本格化の感があるヤマニンサルバムは登録していたドバイターフ(G1)を見送り、次走に金鯱賞(G2)を予定。前走の中日新聞杯(G3)勝利後に管理する中村直也調教師が「さらに大きいところを狙いたい」と発言したことからも、そう遠くないうちにG1挑戦も考えられる。

 JRA通算1033勝とトップジョッキーの一人であることは間違いないものの、なかなか中央G1に手が届かなかった三浦騎手。ただ今年は有力なパートナーが揃いつつある。いよいよ中央G1の舞台で勝どきを上げる三浦騎手の姿が見られるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

悲願の中央ビッグタイトル狙う三浦皇成に「有力パートナー」集結!? 素質馬と権利取りを狙う弥生賞…古馬路線にも実力馬がスタンバイのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感