GJ > 競馬ニュース > デビュー戦「17馬身差」からの大逆転!
NEW

「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場 撮影:Ruriko.I
東京競馬場 撮影:Ruriko.I

 23日、東京1Rに行われた2歳未勝利は、10頭立て最低人気のレーヴドロペラ(牝2歳、美浦・加藤士津八厩舎)が、単勝174.2倍の低評価を覆して勝利を決めた。

 レーヴドロペラは今月2日のデビュー戦でシンガリ負け。スタートで出遅れると、その後も後方でほとんど見せ場を作れなかった。前走は4番人気の支持を受けていたが、この日は単勝万馬券と評価が一気に急落していた。

 前走から1ハロン延長となった芝1600mの一戦。丸田恭介騎手との新コンビで臨んだ今回もスタートはあまり良くなく、道中は後方2、3番手の追走を余儀なくされる。

 ただ、最後の直線に入り丸田騎手のステッキが入ると、じわじわと脚を伸ばす。残り200m付近で馬場の真ん中を突き抜けて先頭に立つと、最後は2着に1馬身1/4差をつけて悠々とゴールを駆け抜けた。

 初戦は上がり3ハロンもメンバー最遅だったが、この日はメンバー最速となる36秒1。レース後には丸田騎手も「2戦目で変わり身を見せてくれました」とレーヴドロペラを称えた。

「上がりがかかる渋った馬場状態も向きましたが、それにしても新馬戦で大惨敗を喫していた馬ですからね。鮮やかすぎるほどの一変でした。レーヴドロペラの勝利により三連単は345万5270円の大波乱。これは10頭立て以下のレースにおけるJRA歴代最高配当となりました」(競馬記者)

「17馬身差」からの大逆転

 また、レーヴドロペラが最下位に敗れた新馬戦で2着に好走していたのが、今回のレースで1番人気に推されていたカルデライトである。

 新種牡馬ナダル産駒の同馬は、母が桜花賞(G1)などに駒を進めたコーディエライトということもあり、デビュー前から注目を集めていた1頭。初戦は取りこぼしたものの手綱を取ったC.ルメール騎手は「最後は良い脚を使ってくれた」と評価。今回は単勝1.7倍の圧倒的支持を集めていた。

 ちなみにレーヴドロペラは前走、カルデライトから約17馬身もの後れを取って敗れていた。今回は人気の面でも圧倒的な差をつけられていたものの、見事に反撃。カルデライトは人気に応えられず8着に敗れている。

「まだ忙しいですね。(距離は)もう少し延びてもいいと思います」

 レース後の丸田騎手は、レーヴドロペラの適性についてそう語っていた。次走は未定とのことだが、距離が延びればさらに力を発揮してくれそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に