GJ > 競馬ニュース > 「新進気鋭調教師」とG1トレーナーをつなぐ不思議な縁
NEW

テンハッピーローズと同じ14番人気、単勝万馬券で「4馬身差」の圧勝劇! 今春開業の「新進気鋭調教師」とG1トレーナーをつなぐ不思議な縁

【この記事のキーワード】, ,
撮影:Ruriko.I
撮影:Ruriko.I

 先週日曜のヴィクトリアマイル(G1)は、14番人気のテンハッピーローズが勝利する大波乱。単勝万馬券の超人気薄が驚きの大激走を披露したと同時に、改めて競馬の難しさが垣間見えた結果となった。

 また、先週末はテンハッピーローズの他にも14番人気、単勝万馬券の超低評価を覆して勝利を挙げた馬がいた。ヴィクトリアマイル前日の11日、京都10Rの上賀茂S(3勝クラス)で逃げ切り勝ちを収めたレガーメペスカ(牡7歳、栗東・藤野健太厩舎)だ。

14番人気、単勝万馬券のレガーメペスカが4馬身差圧勝!

 同馬は今年で7歳を迎えたキズナ産駒。一昨年7月を最後に勝ち星から遠ざかっており、近4走もすべて単勝万馬券で勝ち馬から1秒以上も差をつけられて惨敗していたことから、これだけ人気薄だった。

 レースでは好スタートを決めて先手を奪うも、他馬に競られて前半1000m通過タイムが61秒1秒と、決して楽なペースにはならなかった。ただ4コーナーで後続との差を広げると、最後の直線でも脚色は衰えず。最後は2着に4馬身差をつける圧勝劇を決めたのだから、意表を突かれたファンも少なくなかったのではないか。

「殊勲の立役者となった鞍上の田口貫太騎手はレース後、『調教の時から具合が良く、返し馬でもグイグイ行く感じでした。いい状態で持ってきてくれた厩舎の皆さんに感謝したいです』と、陣営に感謝していましたね。

今回のレガーメペスカは前走から約2ヶ月間隔があけられており、上手いこと立て直しに成功した結果だと思います。また今年初戦から装着したブリンカーも、ここにきて効果を発揮したかもしれません」(競馬誌ライター)

藤野調教師は今春開業の新進気鋭

 この勝利でオープン入りを決めたレガーメペスカは、2019年のデビューから所属していた松永昌博厩舎が今春をもって定年で解散し、現在の藤野厩舎に移籍。今回の勝利は転厩2戦目だった。

 ちなみに藤野調教師は、今年3月にデビューしたばかりの新進気鋭のトレーナー。9度目の挑戦で調教師試験に合格した苦労人でもある。開業以前は調教助手として働いており、2019年からは栗東の高柳大輔厩舎に所属していた。

 そう、ヴィクトリアマイルを勝利したテンハッピーローズの管理厩舎だ。

 高柳大師は藤野師にとって「目標とする調教師は、所属している高柳大輔調教師です」と調教師試験に合格した際の取材で、目標の調教師として掲げたほどの存在である。

 実は両者、現在ともに46歳で同学年でもある。そんな2人が管理するレガーメペスカとテンハッピーローズが、奇しくも同じ14番人気・単勝万馬券で大波乱を演出……不思議な縁を感じずにはいられない先週末の競馬だった。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

テンハッピーローズと同じ14番人気、単勝万馬券で「4馬身差」の圧勝劇! 今春開業の「新進気鋭調教師」とG1トレーナーをつなぐ不思議な縁のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も