GJ > 競馬ニュース > 津村明秀騎手 G1制覇の「予兆」は確かにあった!?
NEW

津村明秀G1制覇の「予兆」は確かにあった!? 「勝ちたいと思い続けた男」の大進化を示す一目瞭然のデータとは

津村明秀騎手
津村明秀騎手

5年前の苦い記憶

「世界的権威のあるジャパンC(G1)を勝てて、自分の夢が1つ叶いました」

 今から5年前、2019年のことだ。前年の大阪杯(G1)以来、スワーヴリチャードに2つ目のビッグタイトルをプレゼントした欧州の若き天才O.マーフィー騎手は、勝利騎手インタビューでそう胸を張った。

 そんな輝かしい勝者のウイニングランを「ジーッ」と見つめていたジョッキーがいる。0.1秒差の2着に敗れたカレンブーケドールの主戦・津村明秀騎手だ。

 後に『netkeiba.com』の人気対談企画『競馬対談 with佑』に登場した津村騎手は、同期でありホストの藤岡佑介騎手に当時の心境を吐露。詳細はぜひ、本対談をご覧いただきたいが、カレンブーケドールと津村騎手は、これでオークス、秋華賞に続くG1連続2着となった。特にジャパンCは藤岡佑騎手が「津村が一番上手く乗った」と評価するほどの完璧な競馬。それだけに悔しさもひとしおだったようだ。

「東京でウイニングランかぁ、きっと最高だよね」

 あのジャパンCから5年が経った12日のヴィクトリアマイル(G1)。48回目のG1挑戦にて津村騎手がたどり着いた初勝利は、奇しくも東京競馬場が舞台だった。「いつか勝ちたい、勝ちたいと思い続けて。一番大きい東京で勝てて、最高の瞬間」超大穴だったテンハッピーローズとゴールを先頭で駆け抜けた瞬間、何度も何度もガッツポーズを繰り返した。

「ウチの馬で勝てなくて、ウチのを負かしていくんだから」と報道陣の笑いを誘ったのは、2着フィアスプライドの国枝栄調教師。かつてカレンブーケドールを手掛け、あと一歩でG1に届かなかった津村騎手を根気強く起用し続けてくれた恩人だ。レース後には同期の川田将雅騎手と熱い抱擁を交わすなど、誰もが祝福する会心の勝利だった。

 騎手21年目、重賞17勝を誇りながらG1どころかG2さえ勝っていなかった男による“一足飛び”のG1制覇。テンハッピーローズが単勝208.6倍のブービー人気だったこともあって、ネット上には「奇跡的」「乾坤一擲」「一世一代」といった言葉が飛び交った。

 だが、会心の勝利に至る「予兆」は確かにあった。

1着と2着数が示す、津村騎手の変身ぶり

カレンブーケドールと津村騎手 撮影:Ruriko.I
カレンブーケドールと津村騎手 撮影:Ruriko.I

 カレンブーケドールとジャパンCで2着に敗れた2019年が39勝で2着60回、2020年が31勝で2着59回、2021年が41勝で2着58回……。多くの競馬ファンがイメージしている通り、津村騎手は「いつも良いところまでくるが、あと一歩足りない」要するに、上手いのに勝てない騎手だった。

 実際に騎手20年で津村騎手の1着数が2着数よりも多かったのは、たった4回しかない。通算成績(12日現在)は653勝、2着778回、3着836回だ。

 それが2022年は38勝で2着38回、2023年も56勝で2着58回と大きく改善。昨年の56勝は騎手20年目にしてのキャリアハイ更新だった。そして、今年2024年はまだ暫定ながら19勝で2着16回と2017年以来の“勝ち越し”に転じている。

「初めてG1を勝ちましたけど、これで終わりじゃなくて、まだまだこの声援をまた浴びたいなと思い始めたので……また勝ちたいです!はい!」

 あと一歩足りなかった男が、初めて“勝利”の味を知り「欲」を持った――。これからの津村騎手は一味も二味も違うかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

津村明秀G1制覇の「予兆」は確かにあった!? 「勝ちたいと思い続けた男」の大進化を示す一目瞭然のデータとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も