GJ > 競馬ニュース > 「期待の良血」がG1に向けて出陣!
NEW

ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?

【この記事のキーワード】, ,

ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?の画像1

「期待の良血」がG1に向けて出陣!

 今週末からスタートする春の東京開催。21日はオークス(G1)への優先出走権2枚を懸けてフローラS(G2)が芝2000mで行われる。

 今年はレース名がフローラSとなった2001年以降、最少タイの14頭で争われることとなりそうだが、18日現在『netkeiba.com』の単勝予想オッズでも1番人気に支持されているバロネッサ(牝3歳、美浦・田中博康厩舎)は注目の1頭だ。

 ロードカナロア産駒の同馬は母マルケッサということで、血統に詳しいファンにはお察しの通り、一昨年のホープフルS(G1)を勝ったドゥラエレーデの半妹。近親にも2016年の菊花賞(G1)と有馬記念(G1)を制したサトノダイヤモンドもいる良血である。そういった背景もあってか一口馬主クラブのキャロットファームで総額6000万円の評価を受けた期待の1頭だが、初勝利を挙げた前走の未勝利戦が凄かった。

 バロネッサはデビュー3戦目となった2月の東京・芝1800mの未勝利で、2番手追走から直線抜け出す完勝。この位置から上がり3ハロン最速タイの34秒1を使われては、後続馬が置き去りにされたのも無理はない。鋭い切れ味を見せたこのレースだが、特筆すべきは良馬場でマークした1分46秒2の勝ちタイムだ。これは、同日のメインレース、共同通信杯(G3)のそれを1秒8も上回っていたのだからタダモノではない。

 ちなみに今年の共同通信杯を勝った馬といえば、もはや言わずもがなだろうが、先日の皐月賞(G1)をレコードで制し、日本ダービー(G1)でも最有力視されているジャスティンミラノである。

「今年の共同通信杯は1000m通過が62秒7という超スローだったため額面通りに受け取ることはできないでしょうが、実はバロネッサの勝ち時計は過去10年間の共同通信杯と比べても上回っているんですよ。

もちろん馬場差などもあるでしょうが、バロネッサはG1・2勝馬サトノダイヤモンドの近親という良血でもありますし、もしかしたらとんでもない大物ということも考えられます」(競馬誌ライター)

津村明秀騎手「初制覇」のチャンス到来?

ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?の画像2
津村明秀騎手

 その強い勝ち方をした未勝利で手綱を取ったC.ルメール騎手は、残念ながらドバイワールドカップデーで落馬したことで現在は休養中。そのため今回は津村明秀騎手がバロネッサに騎乗することとなる。

 同騎手は今年リカンカブールとのコンビで中山金杯(G3)を勝利し幸先のよいスタートを切り、ここまで重賞2勝をマーク。ルメール騎手が同1勝であることを考えると新パートナーとして不足はないはずだ。

「今年21年目の津村騎手はここまで重賞17勝をマークしていますが、これはすべてG3で重ねた数字であり、実はキャリアで一度もG2レースを勝ったことがないという珍しい記録も持っているんですよね」(同)

 津村騎手にとってバロネッサと臨むフローラSは、初のG2勝利を挙げるチャンス。2週連続で調教にも跨っており「しまいの反応もよかった。開幕週は合うと思います」と、津村騎手はタイトル奪取に向けて好感触を口にしている。

 結果次第では、オークスでも楽しみな存在になることが予想される。まずは前哨戦で良血の走りをしかと見届けたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ