GJ > 競馬ニュース > 中山金杯(G3)2024年は津村明秀「覚醒」の一年に!?「ジーッと見ちゃった」無難な中堅ジョッキーを「勝てる男」に“大変身”させた名牝との挫折
NEW

2024年は津村明秀「覚醒」の一年に!?「ジーッと見ちゃった」無難なジョッキーを「勝てる男」に“大変身”させた名牝との挫折

【この記事のキーワード】, ,
中山金杯(G3)2024年は津村明秀「覚醒」の一年に!?「ジーッと見ちゃった」無難な中堅ジョッキーを「勝てる男」に大変身させた名牝との挫折の画像1
津村明秀騎手 撮影:Ruriko.I

昨年キャリアハイ更新の津村明秀騎手が金杯制覇!

 6日、中山競馬場で行われた中山金杯(G3)は、5番人気のリカンカブール(牡5歳、栗東・田中克典厩舎)が勝利。「1年の計を占う」とされるJRAの開幕重賞を制したのは、デビュー21年目を迎える津村明秀騎手だった。

「気持ちいいですね。はい」

 2024年最初の重賞制覇に、そう素直な気持ちを吐露した津村騎手。日程の都合で、今年の東西金杯は6年ぶりに6日に行われることになったが、実は1月5日は津村騎手の誕生日。これには本人も「久しぶりに誕生日が金杯じゃなくなったんですけど、よかったです(笑)」と報道陣の笑いを誘った。

 17頭立ての芝2000mのレース。この日から中山は仮柵が6mほど外側に移動したCコースが使用されていたが「今日の芝のレースを見ていても、時計が速くて前が止まらないレースが続いていたので、位置を取りに行くことだけをイメージしながら」との言葉通り、積極的に好位を取りに行くと、最後の直線では力強く抜け出した。

 まさに鞍上の作戦通りの勝利だが「こちらの期待通り、先頭に立ってからもしっかり走れていたのでよかった」と相棒リカンカブールの走りを称えた津村騎手。昨年56勝を挙げ、20年目にしてキャリアハイを更新したベテランが、2024年開幕から大きなアピールに成功している。

「長く関東の中堅騎手というイメージだった津村騎手ですが、ここ数年で一皮むけた印象です。以前はどこか無難な騎乗が目立っていましたが、勝ちを意識したレースが明らかに増えている印象。この日の騎乗も見事でしたし、今年は大仕事をやってくれそうな予感がありますね」(競馬記者)

 2018年が52勝で-10、19年が39勝で-21、20年が31勝で-28、21年が41勝で-17……これが何の数字かわかる人は相当な津村騎手のファンだと思うが、実は1着と2着の差だ。つまり2018年から21年までの津村騎手は1着よりも2着が圧倒的に多い「勝ち切れないジョッキー」だったのだ。

 ところが22年が38勝でプラスマイナス0になると、昨年は56勝で-2と1、2着の差が急接近。前出の記者が「勝ちを意識したレースが明らかに増えている」と語るのは、数字にも表れている。この日も5番人気で2勝を挙げる好スタートを決めた津村騎手だが、一方で2、3着は0。そういった意味でも21年目のベテランにとって手応えのある1日だったに違いない。

「勝てる男」に“大変身”させた名牝との挫折

中山金杯(G3)2024年は津村明秀「覚醒」の一年に!?「ジーッと見ちゃった」無難な中堅ジョッキーを「勝てる男」に大変身させた名牝との挫折の画像2
カレンブーケドール

「津村騎手にとって大きかったのは、かつて主戦を務めたカレンブーケドールとの出会いだったそうです。オークス、秋華賞、そしてジャパンCと津村騎手とのコンビでG1・2着が3度もある馬ですが、通算成績は17戦でわずか2勝。いつもいい競馬をするけど、あと一歩が足りないといった、まるで当時の津村騎手を象徴するような成績でした」(同)

 実際に、カレンブーケドールに騎乗していた2020年に『netkeiba.com』の人気対談企画『競馬対談 with佑』に登場した津村騎手は、同期でありホストの藤岡佑介騎手に当時の心境を吐露。完璧に乗りながらも3/4馬身差の2着に敗れた前年のジャパンCについて「オイシン(マーフィー騎手)のウイニングランをジーッと見ちゃったもん」と語っている。詳細はぜひ、本対談をご覧いただきたいが、本人にとっても期するものがある敗戦だったようだ。

「昨年キャリアハイ(勝数)を超えてたので、今年も昨年以上の結果を出したいなと思います」

 中山金杯の勝利騎手インタビューで、そう力強く今年の抱負を語った津村騎手。昨年の56勝はまだ目立った成績ではないかもしれないが、関東リーディングでは6位。21年目にして進化を示す1年になりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

2024年は津村明秀「覚醒」の一年に!?「ジーッと見ちゃった」無難なジョッキーを「勝てる男」に“大変身”させた名牝との挫折のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス