GJ > 競馬ニュース > 武豊と若手の間で「熾烈」なリーディング争い勃発!?
NEW

武豊と若手騎手の間で「熾烈」なリーディング争い勃発!? 昨年は2年目若武者が大ブレイク…函館競馬「後半戦」も激アツ

【この記事のキーワード】, ,
撮影:Ruriko.I
撮影:Ruriko.I

 宝塚記念(G1)も終了し、中央競馬は夏競馬のシーズンに突入する。8日からスタートしている今年の函館開催も、今週末から後半戦を迎える。

 開幕から3週間を終えたところでリーディングに目を向けると、6勝2着4回の成績で騎手部門のトップに君臨しているのが武豊騎手だ。

 武豊騎手は今年の函館競馬の開幕戦となった8日の1Rを、ナムラローズマリーとのコンビで逃げ切り快勝。15日は6鞍に騎乗して3勝の固め打ちを決めると、2着も3回でパーフェクト連対を果たしたことは記憶に新しい。

 先週土曜も複数勝利をマーク。日曜はドウデュースに騎乗するため京都競馬に参戦していたにもかかわらず、リーディングをキープしているあたりは流石レジェンドといったところか。

トップの武豊騎手を追う若手ジョッキーたち

 とはいえ、数字だけ見るとトップの座が決して安泰であるともいえない。なぜなら2位の高杉吏麒騎手も同じく6勝タイ。鮫島克駿騎手、永野猛蔵騎手、横山武史騎手、角田大河騎手などの20代若手ジョッキーたちも5勝で続いているからである。

 ちなみに武豊騎手は来月7日、小倉のプロキオンS(G3)でヤマニンウルスに騎乗予定のため、再び函館を不在となる。その間に函館で躍進を遂げる若手騎手たちにリーディングの座を脅かされる可能性もあるかもしれない。

「若手騎手にとって夏の函館開催は、関係者に腕をアピールする絶好の舞台。昨年はデビュー2年目だった佐々木大輔騎手が武豊騎手らを退けて開催リーディングを獲得すると、最終的に68勝を挙げて関東4位とブレイクを果たしたことは周知の通り。今年もルーキーの高杉騎手や永野騎手など次世代のスター候補たちが虎視眈々とトップの座を狙っていることでしょう。

ただ現在首位の武豊騎手は、C.ルメール騎手が休養に入っていることが大きなアドバンテージとなりそう。というもの両者は同じエージェントが担当しているため、ルメール騎手が騎乗を予定していた有力馬たちが武豊騎手の元に集まってくることが考えられるんですよ。

レジェンドがこのままトップをキープするのか、若手が逆転するのか、後半戦の見どころとなりそうです」(競馬記者)

 その武豊騎手は今週末の函館で計13鞍に騎乗予定。巴賞(OP)に出走するデビットバローズや、前走2勝クラスを快勝したレッドアヴァンティなど有力馬がズラリ。固め打ちが十分に狙えそうなラインナップだ。

 今年で55歳となったレジェンド武豊騎手が、自身の半分以下の年齢となる若手騎手たちの前に高い壁となって立ちはだかるのか。残り3週間となった今年の函館競馬を存分に楽しみたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊と若手騎手の間で「熾烈」なリーディング争い勃発!? 昨年は2年目若武者が大ブレイク…函館競馬「後半戦」も激アツのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体