GJ > 競馬ニュース > 「キャロットファーム期待の快速馬」1年半ぶり実戦復帰へ
NEW

福永祐一師が騎手時代に絶賛!「キャロットファーム期待の快速馬」が骨盤骨折から1年半ぶり実戦復帰へ

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 先週から福島・小倉開催が始まり、いよいよ本格的な夏競馬が到来。小倉では雨の影響もあって、芝は極端な高速馬場とはならず、適度に時計のかかるコンディションで行われた。

 小倉の芝短距離戦で目立ったのが逃げ馬の活躍だ。ピューロマジックが制した北九州記念(G3)を含めて、芝1200mのレースは2日間で計9鞍行われたが、逃げ馬が「5-2-1-1」、複勝率88.9%のハイアベレージ。今週末もこの傾向が続くようなら、先週以上に激しいハナ争いが展開されることになるだろう。

 今週末の小倉では、同条件のレースが6鞍組まれているが、中でも注目は日曜10R・耶馬渓特別(2勝クラス)だ。

 16頭が特別登録を行った6ハロン戦で上位人気の一角を占めそうなのがプロトポロス(牡4歳、栗東・西村真幸厩舎)という4歳馬。骨盤骨折の大ケガから約1年半ぶりとなる実戦復帰を迎える。

福永祐一調教師も絶賛していたプロトポロス

 キャリア3戦のプロトポロスは、2年前の夏の中京で福永祐一騎手(現調教師)を背にデビュー。のちにオープン勝ちを収めるウメムスビを3馬身半も突き放す走りで初陣を飾った。

「初戦ということで戸惑いながらも、レースは良い内容でした。次は重賞にチャレンジしても良いと思います」

 単勝オッズ1.4倍の断然人気に推されたレースを圧勝した同馬をそう称えたのは、当時まだ騎手だった福永師。陣営は進言通り、2戦目に小倉2歳S(G3)を選択。ここでも堂々の1番人気に支持された。

 ところが、好位3~4番手で競馬を進めたプロトポロスは、最後の直線で伸びを欠いて失速。最後の直線で12頭をごぼう抜きしたロンドンプランの前になすすべなく4着に敗れた。ただこの時はレース後に骨折が判明しており、決して力負けではなかったはずだ。

 幸い骨折の程度は軽く、4か月後には戦列復帰。D.イーガン騎手に乗り替わった一戦(3歳1勝クラス)で、みたび1番人気に支持されると、好位から難なく抜け出して2勝目を挙げた。

 その後、陣営は3月のファルコンS(G3)に目標を設定。短距離路線での活躍が期待されていたが、一難去ってまた一難。レースに向けた調整過程で再び骨折してしまう。しかも、その箇所が骨盤だったことから、競走馬生命も危ぶまれる事態となった。

「プロトポロスの手綱を取った福永師もイーガン騎手も口をそろえたように、ポテンシャルの高さは世代の短距離馬の中でもピカイチでした。ただそのスピードが仇となったのか、3歳春に2度目の骨折……。

厩舎や牧場をはじめとした関係者が諦めず、じっくりと立て直しに注力した結果、時間はかかりましたが、ついに復帰戦を迎えることになりました。1年半の休み明けとはいえ、2勝クラスならいきなり好勝負しても驚けません。それくらい高い能力を持っています。ただ、今回はまず無事に完走することが最大の目標になるでしょうね」(競馬記者)

 キャロットファームが期待を寄せる快速馬プロトポロス。これまで3戦は全て3~4番手につけていたように、スピードとセンスを持ち合わせている。登録メンバーには前走逃げた馬が不在で、プロトポロスにとって競馬もしやすいだろう。坂井瑠星騎手との新コンビで鮮烈な復活Vを飾りたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

福永祐一師が騎手時代に絶賛!「キャロットファーム期待の快速馬」が骨盤骨折から1年半ぶり実戦復帰へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も