GJ > 競馬ニュース > 武豊が絶賛した若武者に初重賞制覇チャンス到来
NEW

デビュー戦「7馬身差圧勝」のキタサンブラック産駒が世代初重賞に参戦!「今後も目が離せない」武豊が絶賛した若武者に初重賞制覇チャンス到来

サトノカルナバルの新パートナーに抜擢された佐々木大輔騎手 撮影:Ruriko.I
サトノカルナバルの新パートナーに抜擢された佐々木大輔騎手 撮影:Ruriko.I

サトノカルナバルが函館2歳S(G3)参戦!

 先月22日の新馬戦を7馬身差で圧勝したキタサンブラック産駒サトノカルナバル(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)が、13日の函館2歳S(G3)に参戦することが分かった。鞍上は新コンビとなる佐々木大輔騎手を予定している。

 東京・芝1400mで迎えた初陣は、最後の直線だけで後続を1秒1も突き放す大楽勝。手綱を取ったD.レーン騎手も「ポテンシャルの高い馬で、これから楽しみだと思います」とサトノカルナバルに賛辞を送っていた。

 注目の2戦目は、初戦からあまり間を置かずに芝のスプリント戦をチョイスしてきた。世代最初の重賞でもスピード能力を遺憾なく発揮し、ライバルを圧倒することとなるだろうか。

 また、新パートナーに抜擢された佐々木騎手はデビュー3年目にして初重賞制覇の期待がかかる一戦となる。

 佐々木騎手は競馬学校38期生として一昨年デビュー。同期には今村聖奈騎手や角田大河騎手などがいる。ルーキーイヤーはその今村騎手が51勝を挙げるなど大活躍していたことに対し、佐々木騎手はわずか9勝という成績に終わってしまった。

 ただ、佐々木騎手も2年目にその才能が開花する。昨夏の函館開催では6週間で18勝をマーク。14勝で2位の横山武史騎手や、レジェンド武豊騎手などを抑えて見事に開催リーディングに輝いた。

佐々木騎手の快挙を武豊騎手も称賛

「当時19歳だった佐々木騎手は、中舘英二元騎手(現調教師)の20歳を抜く史上最年少で函館リーディングを獲得。若武者の快挙達成には武豊騎手も『本当にすごいことで、今後も目が離せません』と、公式サイトの日記内で褒め称えていましたよ。

武豊騎手の予想通りというべきか、この年の佐々木騎手は秋の福島開催でもリーディングを獲得。最終的には年間68勝を挙げ、関東リーディング4位と大躍進を遂げました」(競馬記者)

 今年も先週終了時点で34勝を挙げ、関東リーディング4位につけている佐々木騎手だが、実は重賞レースはこれまで勝利どころか3着以内に来たことすら一度もない。サトノカルナバルと挑む函館2歳Sは初タイトルを手中に収める絶好のチャンスとなるだろう。

 ちなみに、佐々木騎手は函館2歳Sの翌日に行われる函館記念(G3)でも、同じ堀厩舎のチャックネイトに騎乗することが決まった。今年のアメリカジョッキークラブC(G2)を制し、前走は天皇賞・春(G1)にも出走した実力馬だ。

 函館の最終週を飾る両重賞で、佐々木騎手が関東トップ厩舎の2頭とどのようなレースを見せてくれるか注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

デビュー戦「7馬身差圧勝」のキタサンブラック産駒が世代初重賞に参戦!「今後も目が離せない」武豊が絶賛した若武者に初重賞制覇チャンス到来のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?