GJ > 競馬ニュース > 2歳王者が秋天参戦
NEW

JRA2歳王者ダノンプレミアム天皇賞・秋参戦! 「3歳馬の鬼門」で豪華メンバーを蹴散らせるか

【この記事のキーワード】, ,
JRA2歳王者ダノンプレミアム天皇賞・秋参戦! 「3歳馬の鬼門」で豪華メンバーを蹴散らせるかの画像1

 春のクラシックを有力視されながらも無冠に終わってしまった2歳王者・ダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)。秋以降の巻き返しに期待がかかるが、その同馬が天皇賞・秋(G1)へ向かう予定だと伝えられた。

 報じた「サンスポ」によれば、ダノンプレミアムを管理する中内田調教師が「天皇賞を目標に調整していきたいと考えています」と同紙に語ったという。現在、同馬は北海道新ひだか町のケイアイファームで放牧中。ステップレースを使うことなく、ぶっつけ本番で天皇賞・秋へ向かうとのこと。

 天皇賞・秋などの秋の中長距離戦は実力馬たちが出揃うため毎年話題となるが、今年は有力な若駒が参戦するとあって、例年以上の注目を集めることになりそうだ。

「ダノンプレミアムは日本ダービー(G1・芝2400m)で6着。このときの走りを見る限り、2400mは少々苦しいように思えました。朝日杯FS(G1)で従来の記録を1秒以上更新するレースレコードを叩き出した実績からも、マイルが適性距離だと思います。しかし、弥生賞(G2)ではダービー馬のワグネリアン抑えて優勝していますので、2000mまではこなせると陣営も判断したのでしょう。

 ステップレースに出走せずに直行するのは、一度ケガをしたため出走回数を抑えたいという意向もあるのかもしれませんが、それ以上に陣営の自信の表れのようにも。天皇賞・秋後も複数のG1レースに参戦する可能性は高いですね」(競馬誌ライター)

JRA2歳王者ダノンプレミアム天皇賞・秋参戦! 「3歳馬の鬼門」で豪華メンバーを蹴散らせるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!