GJ > 競馬ニュース > 崖っぷちベテラン関西  > 2ページ目
NEW

JRA崖っぷちジョッキー関西編~四位洋文・小牧太・鮫島良太・柴田未崎ほか~

【この記事のキーワード】, ,

 さらにデビュー2年目で60勝を挙げた鮫島良太騎手もここ数年伸び悩んでいる。その2年目の騎乗回数は728回と大人気。しかしその数字をピークに年々減少し、昨年は272回で8勝、今年もまだ未勝利だ。弟の鮫島克駿騎手が昨年騎乗回数696回で42勝と勢いがあり、今年もすでに3勝と好調。今や騎手の鮫島といえば誰もが弟の克駿を想像するだろう。兄として意地を見せてほしいものだ。

 さらに関東所属の柴田大知騎手の双子の弟である柴田未崎騎手は、昨年騎乗回数101回で0勝と40歳を超えてまさに崖っぷち。デビュー20周年を迎えた昨年の騎乗回数が、前年の半分以下となってしまった中谷雄太騎手も、今年はまだ未勝利だ。さらにここ3年の騎乗回数が、153回→95回→65回と減少している小林徹弥騎手。今年もここまで4回の騎乗にとどまり、今後も大幅増は見込めない状況。そして2012年以降、毎年騎乗回数が減少している川島信二騎手も厳しい状況に直面しているといえるだろう。

 素人ながら外国人トップジョッキーの騎乗内容を見ると、ルメールやデムーロ、そしてモレイラなどは騎手としての実力が突出していることがわかる。しかし同じ騎手ばかりが勝つのは、決して面白いとは言えない。アッと驚く結果があるからこそ、競馬はより盛り上がるのだ。他にも多くの騎手が崖っぷち候補となっているが、2019年は逆境を吹き飛ばす奮起を見せてもらいたいものだ。

JRA崖っぷちジョッキー関西編~四位洋文・小牧太・鮫島良太・柴田未崎ほか~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス