GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > スマスロ市場にあのビッグタイトルが!?
NEW

スマスロ市場にあのビッグタイトルが!? ヒット連発中の大手メーカーから「スマスロ新台」検定通過

【この記事のキーワード】, ,
スマスロ市場にあのビッグタイトルが!? ヒット連発中の大手メーカーから「スマスロ新台」検定通過の画像1
公式HPより

新たな「スマスロ」が検定を通過!

 周知の通り、2022年11月21日より次世代遊技機のスマートパチスロ、略して「スマスロ」が導入を開始した。

 この日、デビューしたのはSANKYOの『パチスロ革命機ヴァルヴレイヴ』、オリンピアの『Lバキ 強くなりたくば喰らえ!!!』、山佐ネクストの『スマスロリノヘブン』…の3機種で、『パチスロ革命機ヴァルヴレイヴ』や『Lバキ 強くなりたくば喰らえ!!!』は、新装直後からコンプリート機能が発動。以降も各所で万枚を多発させ、刺激に飢えたプレイヤーたちを熱狂させている。

 一方、『スマスロリノヘブン』はリセット台や高モード狙いが効果的とされ、これらで立ち回るガチプロたちも存在。もちろん、天国以上へ移行した際の破壊力も申し分なく、ツボにハマれば5,000枚超の大連チャンも珍しくない。

 また、12月5日にはパオン・ディーピーの『HEY!エリートサラリーマン鏡』が登場。5号機時代の名機『押忍!サラリーマン番長』を彷彿とさせるゲーム性は初打ちから戸惑うことなく楽しめると評判で、多くのホールでは終日、高稼働をキープしている。

 5.9号機、6号機へと移行すると共に、パチスロは顕著に低迷したが、いよいよ復活か。ファンのみならず業界関係者たちも盛り上がる中、このほど、新たなスマスロが検定を通過した。その機種名はズバリ、『Lゴブリンスレイヤー』。気になるメーカーは藤商事だ。

原作の世界観をゲーム性に反映させる技術に定評がある藤商事

 ゴブリンスレイヤーとは、蝸牛くもによるオンライン小説及びライトノベルで、文庫版は2016年にGA文庫より刊行。同年には漫画化、2018年にはアニメ化され、2020年には新作エピソード「ゴブリンスレイヤー -GOBLIN’S CROWN-」が劇場公開された。

 同社は近年、「とあるシリーズ」としてパチンコ『Pとある魔術の禁書目録』や『Pとある科学の超電磁砲』をリリースしており、『Pとある魔術の禁書目録』は業績を上方修正するほどの大ヒットを記録。2022年11月には6.5号機『SLOTとある科学の超電磁砲』も発売し、秀逸な液晶演出と強力な出玉性能でファンを魅了している。

 このように、同社はビッグタイトルの世界観をゲーム性に反映させる技術に定評があることから、否が応でも期待は高まるばかり。肝心の発売開始時期は公式HPの開示情報によると、各都道府県公安委員会の検定手続きを経た上で、市場動向を注視して「最適なタイミング」で投入するとのことだ。

(文=編集部.)

スマスロ市場にあのビッグタイトルが!? ヒット連発中の大手メーカーから「スマスロ新台」検定通過のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合
  1. 【スマスロ「万枚」突破率ランキング】「コンプリート」多発の沖スロで衝撃の事実⁉
  2. 【SANKYOスマスロ新台】導入初日から「万枚」「コンプリート」続出も不安要素あり!?『ヴヴヴ』『からくり』に続く「主力級」は厳しいか
  3. スマスロで『新ミリオンゴッド』降臨の可能性も!?「最大級イベント」の展示マシンが話題に
  4. 【スマスロ北斗・新重要数値】朝イチの天国or本前兆スタートは「高設定」に期待
  5. 「半分に設定L投入!?」常識を覆す画期的な使い方に称賛の声! 違和感のある仕掛けで高設定が掴める時代に?
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. 【サミー新台スマスロ】ボーナスが約96%でループする究極仕様で「万枚」が多発⁉ 大ヒット『カバネリ』に続くか?
  8. パチスロ必勝ガイドの「内部事情」・偉大な「誌上プロ」について回想【特別対談『ドラゴン広石×ゴトロニ×濱マモル』②】
  9. 【サミー】6号機の大ヒット機『カバネリ』の”スマスロ仕様”が展示され話題!
  10. 【フリーズ特集】設定によって期待枚数が変わる? 期待値3000枚オーバーや有利区間完走濃厚などの激アツフラグをピックアップ!
  11. 【スマスロ『ヴァルヴレイヴ』】あえての“ミミズモード狙い”で期待値荒稼ぎ!? そのやり方と注意点を詳しく解説!