GJ > 競馬ニュース > レベル疑問の4歳世代に「惑星ステイヤー候補」が登場
NEW

【天皇賞・春】ドゥレッツァでもタスティエーラでもない光明!? レベル疑問の4歳世代に「惑星ステイヤー候補」が登場

【この記事のキーワード】, ,
京都競馬場 撮影:Ruriko.I
京都競馬場 撮影:Ruriko.I

 28日、京都競馬場で行われた天皇賞・春(G1)。レースは昨年の菊花賞馬ドゥレッツァと前哨戦の阪神大賞典(G2)を圧勝したテーオーロイヤルの2頭が人気を二分したが、3番手以降のサリエラ、タスティエーラ、ブローザホーンも単勝一桁台で続いた。

 また出走馬にG1馬は2頭しかおらず、大半の馬がG1初制覇をかけて挑んだ大一番でもあった。そんな中、淀の長距離戦を先頭で駆け抜けたのは、1番人気に支持されたテーオーロイヤルと菱田裕二騎手のコンビ。ハナを奪ったマテンロウレオが軽快なラップを刻んで逃げる展開を好位から抜け出す横綱相撲で押し切った。鞍上も含めた人馬揃っての嬉しい初戴冠。20年前の天皇賞・春を見て騎手を志した菱田騎手の喜びもひとしおだろう。

4歳二強跳ね除けて

 しかし、会心の勝利を挙げたコンビに対し、人気の一角を背負った4歳世代のドゥレッツァとタスティエーラは見せ場を作ることすらできず凡走したことは残念である。

 皐月賞馬ソールオリエンスの参戦こそなかったものの、クラシックを分け合った菊花賞馬とダービー馬が、15着と7着では、世代レベルを疑う声が再燃したのも無理はなかったか。特にドゥレッツァについては、軽度の熱中症となっていた疑いがあることも分かった。当日の京都市は最高気温30度を超える真夏日。レース以前に暑さとの戦いに敗れてしまった印象だ。

 これに対し、14番人気の大穴扱いながら4着に食い込んだのが、同世代のスマートファントム(牡4歳、栗東・石橋守厩舎)。単勝オッズも185.3倍とノーマークに近い存在だったといえよう。それもそのはず、重賞勝ち実績のある馬が多数出走したG1にオープン入りしたばかりの馬が混じっていたのだから、ここまでの善戦は陣営も予想していなかったかもしれない。

岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 岩田望来騎手の好騎乗も激走に繋がったはずだ。前半から厳しいラップが続いたレースは、13秒台のラップが一度も出現しないサバイバル戦。スタミナに絶対の自信を持つテーオーロイヤルとディープボンドは好走しても、同じ位置で追走した組は直線で脚が止まった。

 2着ブローザホーン、4着スマートファントム、5着ワープスピードがハイペースに付き合わず、虎視眈々と後方で脚を溜めていたことが功を奏した。展開の利があったにせよ、勝ち馬と3馬身差、3着のディープボンドと半馬身差まで迫った意味は大きい。

 これには鞍上の岩田望騎手も「折り合えばこれだけの脚を使えますし、G1で4着ですから、よく頑張ってくれたと思います」とパートナーの激走に胸を張った。古馬になって着実に力をつけていることを証明する走りだったといえる。

 本馬を管理する石橋調教師も「長い距離が合う」と評しているように、今後は長距離戦を中心にローテーションが組まれるだろう。ベラジオオペラの大阪杯(G1)優勝こそあれ、年長世代相手に苦戦の続く4歳世代にとっても、「惑星ステイヤー候補」スマートファントムの登場は新たな光明となってくれそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【天皇賞・春】ドゥレッツァでもタスティエーラでもない光明!? レベル疑問の4歳世代に「惑星ステイヤー候補」が登場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”