GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子騎手「日本ダービー騎乗」は幻に!?
NEW

藤田菜七子「日本ダービー騎乗」は幻に!? 武豊シュガークン×エコロヴァルツ「究極の二者択一」ダービー鞍上問題はスピード決着

【この記事のキーワード】, ,
青葉賞を勝った武豊騎手 撮影:Ruriko.I
青葉賞を勝った武豊騎手 撮影:Ruriko.I

7冠馬キタサンブラックの弟が日本ダービーへ

 7冠馬キタサンブラックの弟が偉大な兄のリベンジを果たすべく、日本ダービー(G1)の優先出走権を手に入れた。

 27日、東京競馬場で行われた青葉賞(G2)は、2番人気のシュガークン(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)が好位から抜け出して勝利。兄が9年前に14着と惨敗したダービーの舞台で、その無念を晴らすチャンスを獲得した。

「お兄さんは偉大ですが、この馬も今年2月にデビューして数か月しか経っていない中、これだけのパフォーマンスができました」

 巧みな手綱さばきでシュガークンを勝利に導いたのは兄の主戦も務めた武豊騎手。勝利騎手インタビューでも振り返ったように、シュガークンはデビューからまだ3か月も経っていない上に、初戦を2着に敗れていた。その時点で春のクラシック出走は厳しいと思われていたが、何とか間に合った喜びはひとしおだろう。

「これだけの馬なので、デビューの時から『ダービーに出したい』と言っていて、なんとか間に合いましたね」
 
 ダービー出走を決め、肩の荷を下ろした武騎手だが、この時点ではシュガークンとのコンビでダービーに向かうことを名言しなかった。武騎手には皐月賞(G1)で騎乗したもう1頭のお手馬、エコロヴァルツがいる。

「青葉賞のレース前から、ファンの間では鞍上問題が議論の的になっていました。武騎手はエコロヴァルツにデビュー2戦目から騎乗し、朝日杯フューチュリティS(G1)で2着、皐月賞では7着に敗れたものの、上がり最速(タイ)の末脚を繰り出し、『この馬のやりたい競馬はできました。折り合いさえつけば、いい脚を使ってくれる』と称賛していました。

ただ、皐月賞が終わって間もなくエコロヴァルツの次走がダービーと発表されたにもかかわらず、鞍上の言及はなし。その時点でシュガークンが青葉賞に向かうことが分かっていたので、その結果待ちだったのかもしれません」(競馬誌ライター)

 実際に青葉賞の翌日には“鞍上問題”があっさりと決着。シュガークンの方が、武騎手とのコンビでダービーに向かうことが発表された。

藤田菜七子騎手「日本ダービー騎乗」は幻に!?

辻子オーナーが期待する藤田菜七子騎手
辻子オーナーが期待する藤田菜七子騎手

「青葉賞の勝利から24時間も経たないうちにコンビ継続が発表されました。ただ、興味深かったのは一部のファンの間で、もし武騎手がダービーでエコロヴァルツに騎乗することになっていれば、シュガークンには藤田菜七子騎手が騎乗していた可能性もあったのではという話です。

シュガークンを所有する辻子依旦氏は、2020年からJRAで愛馬を走らせているオーナーですが、藤田菜七子騎手を重用していることで知られています」(同)

 実際に、これまで辻子オーナーと藤田騎手がコンビを組んだ回数は28回で、これは全騎手の中で断トツ。2位の木幡巧也騎手が16回なので、ダブルスコアに近い頻度だ。先週末も減量特典がない土曜新潟のメインレースで3番人気のヨリノサファイヤに藤田騎手を乗せていたほどである。

 ひとまずシュガークンと藤田騎手のコンビ結成は幻に終わった形だが、辻子オーナーならいずれ藤田騎手をG1で起用することも見据えているのではないだろうか。

 自身が代表取締役社長を務めるポノス株式会社は、「にゃんこ大戦争」などのスマートフォン向けゲームアプリの開発や配信などを手掛けているが、同社のリクルートページには「『ななめ上を行く』夢中になれるコンテンツを作りつづけ、世界中に笑顔をもたらすことが、私たちPONOSの存在意義です」と記されているが、「ななめ上を行く」ことは決して奇をてらうことではないという。

 新進気鋭のオーナーとして、辻子氏の“ななめ上を行く”発想が競馬界を盛り上げてくれるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

藤田菜七子「日本ダービー騎乗」は幻に!? 武豊シュガークン×エコロヴァルツ「究極の二者択一」ダービー鞍上問題はスピード決着のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想