GJ > 競馬ニュース > 福永祐一調教師 初白星含む4戦3勝固め打ち!
NEW

福永祐一調教師「ジョッキーもうまく乗ってくれた」今村聖奈との初白星含む4戦3勝固め打ち!「号泣」から四半世紀…苦楽を共にした牝馬の孫で勝利

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈騎手 撮影:Ruriko.I
今村聖奈騎手 撮影:Ruriko.I

今村聖奈騎手×福永祐一厩舎がコンビ初白星!

 28日、新潟競馬場の3Rに行われた3歳未勝利は、4番人気アスクデビューモア(牡3歳、栗東・福永祐一厩舎)と今村聖奈騎手のコンビが勝利した。

 ダート1800mのレース。アスクデビューモアは道中、中団後ろで末脚を温存。4コーナーで外に持ち出し、直線を向いたところでは先頭までかなりの差があったが、メンバー最速の上がり3ハロン37秒8で先行勢をゴボウ抜き。最後は2着に1馬身差をつけた。

 先週に続き、2週連続Vとなった今村騎手は「厩舎サイドから『左回りの方がよさそう』と聞いていたが、いい脚を使ってくれた」と勝因を話し、「尊敬する福永先生の管理馬で勝つことができて良かったです」と、トレーナーとのコンビで掴んだ初白星を喜んだ。

「今村騎手と騎手時代の福永師は同じエージェントのグループに所属していたこともあり、まさに師弟関係のような間柄でした。今村騎手は『騎手としての基盤を祐一さんがつくってくれた』と話しており、スペシャル対談企画をテレビで見たことを覚えているファンもいると思います」(競馬誌ライター)

 また福永師個人にとっても、この勝利は特別なものとなったかもしれない。というのもアスクデビューモアは騎手時代に主戦を務め、重賞を勝ったマルカコマチの孫だからだ。

表彰式で思わず号泣…

ジョッキー時代の福永祐一調教師 撮影:Ruriko.I
ジョッキー時代の福永祐一調教師 撮影:Ruriko.I

 マルカコマチは福永師がジョッキー時代に所属していた北橋修二厩舎の管理馬。1998年1月のデビュー戦を勝利し、福永師と共に桜花賞(G1)出走を目指したが、チューリップ賞(G3・当時)4番人気9着、アネモネS(OP・当時)2番人気3着と、あと一歩でクラシック出走は叶わなかった。

 翌年1月には京都牝馬特別(G3、現・京都牝馬S)に格上挑戦。4番人気に支持されると、最後の直線で追い込みを決めて勝利。これが師匠・北橋調教師の管理馬での初重賞勝利だった当時4年目の福永師は、表彰式で人目をはばからず号泣したというエピソードがある。

 また、福永師は2011年2月に掲載された『UMAJIN.net』の記事の中で、“これまでの騎手人生で一番うれしかったことは?”という質問に、マルカコマチで勝った京都牝馬特別を挙げている。

「表彰式のとき、隣でホッとした表情をされていた北橋先生を見たときには、こみ上げてくるものがありました」と振り返るなど、やはり思い入れの深さは格別のようだ。

 そんな福永師だったが、それから約3ヶ月後に開催された小倉大賞典(G3)の返し馬ではマルカコマチから落馬。背中を踏まれて肋骨骨折と左腎臓の一部を損傷してしまう苦い経験もしている。

 ジョッキー時代に苦楽を共にした、思い出の1頭といえるマルカコマチ。その血を受け継いだアスクデビューモアと、今度は調教師という立場で白星を挙げたのだから、福永師にとって感慨深い1勝となったかもしれない。

 また福永師はこの週、アスクデビューモアを含め土日で4戦3勝の固め打ちして「ジョッキーも上手く乗ってくれた」と手応え。来月5日のNHKマイルC(G1)では、チャンネルトンネルでG1に初参戦予定だけに、今週も福永厩舎から目が離せそうにない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

福永祐一調教師「ジョッキーもうまく乗ってくれた」今村聖奈との初白星含む4戦3勝固め打ち!「号泣」から四半世紀…苦楽を共にした牝馬の孫で勝利のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは