GJ > 競馬ニュース > 【新潟大賞典(G3)展望】
NEW

【新潟大賞典(G3)展望】香港ヴァーズ1番人気の大物レーベンスティールが再始動!不屈の大器ヨーホーレイク完全復活なるか

【新潟大賞典(G3)展望】香港ヴァーズ1番人気の大物レーベンスティールが再始動!不屈の大器ヨーホーレイク完全復活なるかの画像1
画像はイメージ

一筋縄ではいかないハンデ戦、新潟大賞典(G3)

 5月5日、NHKマイルC(G1)と同日の新潟競馬場では古馬ハンデ重賞の新潟大賞典(G3)が行われる。瞬発力が問われる新潟外回りコースが使用されるものの、7~8歳の高齢馬の活躍が目立つレースとなっており、ハンデ戦らしく一筋縄ではいかない印象のレースだ。

 過去10年で4歳馬は2勝にとどまっているが、今年の主役を張るのはレーベンスティール(牡4歳、美浦・田中博康厩舎)だろう。

 デビュー戦でのちの皐月賞馬ソールオリエンスと接戦を演じて2着。2戦目で勝利を挙げたが、春のクラシックには間に合わなかった。

 それでも3歳秋のセントライト記念(G2)でソールオリエンスにリベンジを果たす勝利を挙げ、菊花賞(G1)の優先出走権を獲得した。しかし、疲れが抜けず陣営はクラシック三冠目を見送る判断を下した。

 間隔を空けて矛先を向けたのは12月の香港ヴァーズ(G1)。J.モレイラ騎手を背にG1初挑戦ながら堂々の1番人気に推された。ところがレースでは中団からレースを進めるも、直線で伸びず、まさかの最下位8着に敗れている。

 不可解な凡走に鞍上も「能力を全く出していません。前走(セントライト記念)時と全く違う馬でした」とコメント。陣営も敗因をつかみ切れていない様子だった。中間は時間をかけて立て直しに注力。前日4日のメトロポリタンS(L)との両睨みで調整されているが、万全の状態で出走してくれば当然、優勝候補の最右翼として上位人気に推されるだろう。


 ヤマニンサルバム(牡5歳、栗東・中村直也厩舎)は、デビュー当初は芝の短距離路線で好走していたが、徐々に距離を延ばして本格化。古馬になってからはほぼ“2000m専用機”として走っている。

 オープン昇級後は凡走を繰り返していたが、昨年10月のオクトーバーS(L)でオープンクラス初勝利。続く中日新聞杯(G3)も制して重賞ウイナーの仲間入りを果たした。

 さらに3連勝を懸けて臨んだ今年初戦の金鯱賞(G2)では、中京巧者としてドゥレッツァとプログノーシスに続く3番人気に支持された。しかし、好位から競馬を進めるも、直線で伸びを欠いて10着に沈んでいる。

 鞍上を務めた三浦皇成騎手は、久々だったことに加えて、「1角で上手くいったと思ったところで(他馬に)来られて力んで、走りが崩れてしまった」と敗因を分析していたが、リズム良く走ることができれば、巻き返す可能性は十分あるだろう。休み明けを一度使われた上積みでどこまでやれるか。

ヨーホーレイク
ヨーホーレイク

 ヨーホーレイク(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)は、現役に12頭だけとなったディープインパクト産駒の重賞ウイナーの1頭だ。

 シャフリヤールやエフフォーリアと同世代で、2歳時のホープフルS(G1)で3着、続くきさらぎ賞(G3)で2着。春の牡馬クラシックにも出走し、皐月賞(G1)5着、日本ダービー(G1)7着と健闘した。菊花賞には出走できなかったが、4歳初戦の日経新春杯(G2)を制して、古馬中長距離路線の主役候補に名乗りを上げた。

 ところがその矢先に屈腱炎を発症し長期休養入り。ターフに戻ったのは2年以上が経過した今年3月の金鯱賞だった。久々の実戦で6番人気とファンも半信半疑だったが、好位追走からしぶとく粘って3着に好走。今回は二走ボケがなければ、レーベンスティールと好勝負に持ち込めるはずだ。


 新潟で重賞勝ちがあるノッキングポイントとカラテの2頭も不気味な存在だ。

ノッキングポイント 撮影:Ruriko.I
ノッキングポイント 撮影:Ruriko.I

 ノッキングポイント(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)は、昨夏の新潟記念(G3)で古馬を撃破して重賞初勝利。その後は菊花賞15着、金鯱賞12着と凡走しているが、叩き2戦目で一変に期待できそう。

カラテ 撮影:Ruriko.I
カラテ 撮影:Ruriko.I

 22年の新潟記念と昨年の当レースを制しているカラテ(牡8歳、栗東・辻野泰之厩舎)は、近3走が全て二桁着順と低迷中。8歳を迎えて衰えは隠せないが、1年ぶりの新潟で復活を狙う。


 この他には1月の中山金杯(G3)で重賞初挑戦ながら3着し、前走の中山記念(G2)でも5着と掲示板を確保したマイネルクリソーラ(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)、前走・美浦S(3勝クラス)で惜敗続きにピリオドを打ち待望のオープン入りを果たしたキングズパレス(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)、3勝クラス、福島民報杯(L)と2連勝中のリフレーミング(牡6歳、栗東・鮫島一歩厩舎)なども出走を予定している。

 香港ヴァーズで1番人気に支持されたレーベンスティールが、その実力を発揮するのか。得意の左回りでヤマニンサルバムが重賞2勝目を挙げるのか、それともヨーホーレイクが不治の病を克服して完全復活を遂げるのか。注目の新潟大賞典は5月5日、15時20分に発走を予定している。

【新潟大賞典(G3)展望】香港ヴァーズ1番人気の大物レーベンスティールが再始動!不屈の大器ヨーホーレイク完全復活なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想