GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロニュース > 人気番組「おもスロ」終了の真相
NEW

これが人気番組「おもスロ」終了の真相…「ういち氏」が沖氏や視聴者に「アンサー動画」を公開!

【この記事のキーワード】, ,
パチスロ台イメージ画像
パチスロ台イメージ画像

ういち氏が「アンサー動画」を公開

 かつて、ダイコク電機が運営する専門チャンネル「パチ・スロ サイトセブンTV」で放送されていた「ういちとヒカルのおもスロいテレビ」。末期は卒業を宣言した沖ヒカル氏に代わって鈴虫君氏が加わり、「ういちと鈴虫君のおもスロいテレビ」にリニューアルされた。番組は、2023年12月15日を以てレギュラー放送が終了した。

 先日公開された、人気動画サイト「janbaritv」内の動画「ヒカル・ウシオの試写会 第50話」では、実戦人としてういち氏が出演。その映像を見る沖ヒカル氏と共におもスロ終了の真相が明かされ、大きな反響が寄せられた。

 だが、納得できないことがあったのだろう。これを受け、ういち氏は自身のYouTubeチャンネル「ういちゃんねる」にてアンサー動画を公開。双方の見解に食い違いがあるとし、詳しく説明している。

■これが人気番組「おもスロ」終了の真相

 これによると、ういち氏が同番組に対するモチベーションが下がった理由は「個人的な、精神的な理由でブツっと切れた」からだそうで、決して「パチンコ・パチスロがつまらなくなった」からではないと主張。

 沖ヒカル氏がおもスロを「ヤメる」となった際には、ういち氏も「沖さんがヤメるんであれば、その時点でおもスロいテレビではなくなる」と終了を決断したものの、制作者の「松爺」が存続を希望したため、協議を重ねた結果、鈴虫君を招聘したという。

 また、リニューアル時は財政状況など諸々の諸事情によって、局からは「半年スパンで見て、継続するか否かを決めましょう」と伝えられたそうで、ういち氏は「ヒカル・ウシオの試写会 第50話」で「そういうことだったら、もうヤメましょう」とした部分について言及。

「おもスロもここまで(人気が)落ちたか。そんな人気がない番組をズルズル続けててもしょうがない。じゃあヤメましょう」と捉えられたかもしれないが、実際は「ボートレースの配信は1年スパンで決まる」ことから、「半年スパンで決まるのであれば、もうここで…」と終了を決めたそうだ。

■決して仲違いをしたわけではなく…

パチスロ台イメージ
パチスロ台イメージ

 加えて、ういち氏は「1個だけ引っ掛かったことがある」と切り出し、沖氏が「ある時を境に、徳さん(ういち)が(番組を)仕切るようになった」「僕だけ雇われている人。ちょっと気持ち悪くなった」と発言した点にも反応。

 曰く、ダイコク電機が会社としか取引をしないことから、番組は開始当初からういち氏の会社が窓口だったそうで、「それが気持ちわりぃなら、最初から気持ちわりぃはず」「沖さんも知っていたはず」などと反論した。

 ただ、決して仲違いをしたわけではなく、ういち氏はおもスロの復活を提案したことも。これは残念ながら実現しなかったが、その理由は一体なぜなのか。興味のある方は是非とも動画をご覧いただきたい。

『ヒカル・ウシオの試写会』沖さんのコメントを受けて『おもスロ』終了の真相を語ります

パチmax! 編集部

パチmax! 編集部

パチンコ・パチスロの新台をはじめとした機種情報や、業界・メーカーの最新情報などファンが気になる内容を様々な切り口から発信するニュースサイト。大御所ライターなど著名人のコラムも連載中。

パチンコ・パチスロ情報局「パチmax!」

Twitter:@pachinko_gj

これが人気番組「おもスロ」終了の真相…「ういち氏」が沖氏や視聴者に「アンサー動画」を公開!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチスロ
  • パチマックス
  • 総合