GJ > 競馬ニュース > 三浦皇成×ノースヒルズの「大物候補」デビュー戦完勝!
NEW

三浦皇成×ノースヒルズの「大物候補」がデビュー戦完勝! 出世レース快勝も「無念」の長期休養…元クラシック候補の“忘れ物”回収なるか

【この記事のキーワード】, ,
三浦皇成騎手 撮影:Ruriko.I
三浦皇成騎手 撮影:Ruriko.I

良血デルアヴァーが新馬戦完勝!

 先月30日、福島競馬場の5Rに行われた2歳新馬戦(芝1800m)は、3番人気に支持されたデルアヴァー(牡2歳、栗東・松永幹夫厩舎)と三浦皇成騎手のコンビが優勝した。

 フランケル産駒の同馬は、母が交流重賞6勝のアムールブリエ、祖母は天皇賞・秋(G1)を制した名牝ヘヴンリーロマンスという良血。オーナーでありノースヒルズ代表・前田幸治氏ゆかりの血統馬でもある。

 デルアヴァーはスタート後に躓くような格好となり、道中は後方4、5番手からの競馬。3コーナー過ぎから外を回って進出を開始。最後の直線はメンバー最速となる上がり3ハロン34秒4の末脚を使い、2着馬を1馬身半突き放してフィニッシュした。

「前半1000m通過が62秒6という緩い流れ。福島は最後の直線が300mにも満たない小回りのため、後方にいたデルアヴァーには厳しい展開に見えましたが、これは強い内容でした。三浦騎手と前田オーナーのコンビは今年の東京ダービー(G1)もラムジェットで制するなど好調が目立ちますね。

個人的にもデルアヴァーには、同じ三浦騎手×前田オーナーのコンビだったガストリックのリベンジを期待したいです」(競馬記者)

三浦皇成騎手×ノースヒルズの元クラシック候補ガストリック

2022年の東京スポーツ杯2歳S(G2)を制したガストリック 撮影:Ruriko.I
2022年の東京スポーツ杯2歳S(G2)を制したガストリック 撮影:Ruriko.I

 記者が挙げた美浦・上原博之厩舎に所属する4歳馬ガストリックは、一昨年10月に新馬勝ち。2戦目となった東京スポーツ杯2歳S(G2)で三浦騎手と新コンビを組むと、コントレイルに次ぐ歴代2位となる1分45秒8の好タイムで優勝し、一躍クラシック候補に躍り出た。

 重賞勝利を決めた後、三浦騎手は「新馬でいい勝ち方をしたあとの大事な重賞レースを任せていただいたオーナーに感謝します」と、前田氏に感謝の言葉を述べていた。さらに、この出世レースを勝った意味は大きいかという問いに対しても「それは間違いないと思っています」と、大舞台を意識するようなコメントを残していた。

 しかし、続くホープフルS(G1)でガストリックは4番人気16着。まさかの大敗に三浦騎手も「うまく乗れずに申し訳ない」と悔しさを滲ませた。ぶっつけで参戦が発表された皐月賞(G1)で巻き返しが期待されたものの、脚部不安で回避となり、そのまま長期休養に入ることとなる。クラシックでの活躍が期待されたものの、その舞台に立つことが叶わなかった。

「東スポ杯で0秒2差をつけて退けていたハーツコンチェルトが、日本ダービー(G1)でタイム差なしの3着に好走。ガストリックの走りもダービーで見たかったですね。

ちなみに一昨年のホープフルSを最後に長期休養となっている同馬ですが、すでに帰厩済み。そう遠くないうちに復帰戦が期待できるでしょう」(同)

 そのガストリックと同じコンビでデビュー勝ちを飾ったデルアヴァー。三浦騎手はレース後「距離が延びていいタイプだと思いますし、広いコースでもっといいと思います」と、来春のビッグレースも見据えるようなコメントを残している。

 果たして、2年前の“忘れ物”を回収しに行くこととなるのか。ノースヒルズから現れた大物候補デルアヴァーの次走を楽しみにしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

三浦皇成×ノースヒルズの「大物候補」がデビュー戦完勝! 出世レース快勝も「無念」の長期休養…元クラシック候補の“忘れ物”回収なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に