GJ > 競馬ニュース > 桜花賞本命・メジャーエンブレムの力
NEW

C・ルメール騎手「桜花賞(G1)は勝てる」大本命・メジャーエンブレムの実力と「伝説」

【この記事のキーワード】, ,

75年、桜花賞

「後ろからは何も来ない」と、アナウンサーは三度叫んだ
10馬身でも収まらない歴史的大差のゴール

テスコカビー

スピードの美学
美しさはいつも他を置き去りにする

桜の女王へ――(2013年JRA CM「The LEGEND」より抜粋)

「いや、強かったですね」

 そう振り返るのは、今年の桜花賞(G1)で最大の本命となるメジャーエンブレムを管理する田村 康仁調教師(美浦)だ。

 前走2月のクイーンC(G3)、単勝1.3倍の圧倒的人気となった昨年の2歳女王メジャーエンブレムは、さらなる進化を見せつけた。抜群のスタートからハナを奪うと、後続に影も踏ませぬまま5馬身差の圧勝。

 従来のレースレコードを1秒5も更新する「異次元の走り」は、完全なる”一強”を再確認させた。

 一体、どこまで進化するのか……桜花賞は、もはや勝つだけではない。「勝ち方」さえ問われる歴史的名牝の領域へと踏み出したメジャーエンブレム。その「モンスター級」ともいわれる”圧逃的”の強さは、史上唯一桜花賞を大差勝ちした女王「テスコカビー」の走りを彷彿とさせる。

 1975年、桜花賞まで6戦5勝。レコードを更新すること2回。唯一敗れた相手が、後の日本ダービー馬カブラヤオーだけという化け物じみた戦績を誇ったテスコカビー。迎えた桜花賞の単勝オッズはなんと1.1倍。単勝支持率は72.4%に上った。

 レースはスタートすぐにスピードの違いで先頭にたったテスコカビーが、後続を引き連れて”殺人ラップ”を刻んでゆく。他馬も引き離されてなるものかと必死に食らいついたが、4コーナーを回る頃には次々と脱落していった。

 直線に入ると、もう完全に独走状態。実況を務めていた杉本清が、直線半ばであまりにも大差がついてしまったため「後ろからは何にも来ない!」と3度繰り返したという話は、あまりにも有名だ。

『先頭はテスコカビー。これは強い、強い強い!これは強い、これは強い!赤の帽子ただ一つ――』

C・ルメール騎手「桜花賞(G1)は勝てる」大本命・メジャーエンブレムの実力と「伝説」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  7. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  8. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  9. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  10. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分