NEW

ステルヴィオ「リベンジ」&「ロードカナロア初重賞制覇」へ出陣! 朝日杯FS「第3の男」の状態は

【この記事のキーワード】, ,
ステルヴィオ「リベンジ」&「ロードカナロア初重賞制覇」へ出陣! 朝日杯FS「第3の男」の状態はの画像1※イメージ画像:『JBISサーチ』より

 17日、朝日杯フューチュリティS(G1)が阪神競馬場で開催される。今年は早くから「高い能力を持つ」と評されるダノンプレミアム、タワーオブロンドンの2強が、2歳王者の栄冠を勝ち取るべく火花を散らすと予想されている。

 そしてその2強に割って入ることを期待されるのが、3戦2勝のステルヴィオ(牡2歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 新馬戦で2着に1と3/4馬身差をつけて、ロードカナロア産駒初勝利を飾ったステルヴィオ。続くコスモス賞も勝利して、サウジアラビアRC(G3)へ向かった。

 レースでは1番人気に推されたもののスタートで出遅れてしまい、最後の直線では上がり最速33.5秒の切れのある末脚を見せるも、先を行くダノンプレミアムには惜しくも届かず、2着。だが、このレースで重賞級の実力を垣間見せたのは確かだろう。

「前走は1枠を引き当て、内々の最短距離を走ったダノンプレミアムとは対象的に、ステルヴィオは終始外を回らされてしまいました。もし好枠だったのならば、キワドイ勝負だったとも考えられています。

 たしかに2歳世代では、ダノンプレミアムらの実力が抜きん出ていると言われていますので、朝日杯FSではステルヴィオは苦しい戦いを強いられるかもしれません。ですがなんとか勝ち負けに絡み、来年以降のクラシックが楽しみになる走りを期待したいところです」(記者)

 旗色は決してよくないと思われているステルヴィオ。だが同馬としても同じライバルを相手にして2度負けるわけにもいかないのは当然。そして、また今回のレースでは父馬のメンツもかけて出走することになるという。

ステルヴィオ「リベンジ」&「ロードカナロア初重賞制覇」へ出陣! 朝日杯FS「第3の男」の状態はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【シルクロードS(G3)予想】ナムラクレア、ウインマーベルを切り!「なさそうでアリの穴馬3頭」で万馬券を狙う!!
  2. 【根岸S(G3)予想】ダート転向大成功のギルデッドミラーを切り!本命は近走成績上々の穴馬
  3. 今村聖奈撃沈の裏で5年ぶり珍記録!? 「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼連敗地獄…「ダイワ消滅」を惜しむ声が続出!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. かつて「失敗の烙印」を押されかけた名牝シーザリオ、最後の産駒デビューで思い出される「13年前の奇跡」
  5. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  6. JRAレモンポップとギルデッドミラーでは決まらない!? 本命同士がワンツー決着した先週末、激走に自信の特注馬はこれだ【根岸S(G3)予想】
  7. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  8. 「3大始祖」消滅の危機……日本で「2頭」世界で「0.4%」の血を残すべく立ち上がったカタール王族の「行動」に称賛
  9. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  10. 「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器