GJ > 競馬ニュース > 「ポスト武」不在  > 2ページ目
NEW

武豊が「ポスト武」不在に危機感。競馬界の未来を憂うレジェンドが昨年「新人最多勝騎手」の名を挙げた意外な理由とは

【この記事のキーワード】, ,

 影響力を考慮して、個人名こそ出さなかったものの「今の新人騎手は騎乗技術が上がってきているし、見ていて『こいつはできる』とか『どんどん上手になってきている』と思う若手もいる」と語った武豊騎手。

 日本人騎手の活躍、延いては日本競馬の未来を憂う1人として、かつての自分のような10代、20代から競馬界の中心を担う飛躍を遂げる若武者の出現を心待ちにしているようだ。

 普段からあまり他人のことを話さない武豊騎手が、公の場でここまではっきりと発破を掛けることは珍しい。ただ逆に言えばそれだけ現状に対して、危機感が募っているということの表れでもあるのだろうか。

 武豊騎手がデビューしてから31年。日本の競馬界はずっと「ポスト武豊」という至上命題を突き付けられてきたが、未だ解決に至っていない。同じく2世騎手である福永祐一騎手を筆頭に、浜中俊騎手や川田将雅騎手などの名前が挙がることはあっても、その”領域”には遠く及ばないのが現状だ。

 それを誰よりも実感している武豊騎手は、現状の新人・若手騎手に対して「もっとガツガツしてもいい」「(自分に取って代わる様な)すごい騎手が出てこないとまずいと思いますよ」と危機感を募らせている。無論、武豊騎手のような国民的スーパースターを生み出すのが容易でないことはこれまでの歴史が物語っている。だが、最早そんな”言い訳”が通用しないほど切羽詰まった状況ということなのだろう。

 その一方で、当然ながら有望な若手騎手の芽も出てきている。

 特にデビューイヤーとなった昨年、新人最多の24勝を上げた武藤雅騎手は、今年早くも3勝を上げてリーディング13位につけるなど伸びしろ充分。当然、武豊騎手の目にも止まっているはずだが、インタビューの中でその名が挙げられたのは意外なところだった。

武豊が「ポスト武」不在に危機感。競馬界の未来を憂うレジェンドが昨年「新人最多勝騎手」の名を挙げた意外な理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  4. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  5. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. 「天才ジョッキー」再登場も幻の1着!? 大波乱フェブラリーSの裏で珍事が発生…“シルヴァーソニック級”神騎乗に驚きの声
  10. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末