GJ > 競馬ニュース > 尾形調教師「800勝達成」
NEW

JRA尾形充弘調教師「800勝達成」で有終の美達成! 「史上最強世代」グラスワンダーで競馬界を彩った名匠が引退

【この記事のキーワード】, ,
JRA尾形充弘調教師「800勝達成」で有終の美達成! 「史上最強世代」グラスワンダーで競馬界を彩った名匠が引退の画像1

 今週末で2月の競馬開催も終了し、定年を迎える調教師が引退の時を迎えるが90年代を彩った「あの名馬」を管理した調教師も、ついに競馬サークルから姿を消すこととなった。

 尾形充弘調教師は70歳となり、無事定年を迎えることになる。祖父が調教師顕彰者の尾形藤吉氏で、父・盛次も調教師という競馬一家に生まれたが、最初はそれを嫌がってシステムエンジニアとして会社員勤務。20代後半で調教助手としてのキャリアをスタートさせたある意味変わり種だ。

 通算799勝、重賞24勝という堂々たる成績だが、やはりファンの記憶に鮮明に刻まれているのは”怪物グラスワンダー“だろう。

「朝日杯FSを圧勝、ケガなどに苦しめられながらも史上唯一の『グランプリ三連覇』を達成したグラスワンダーのファンは非常に多いですよね。

同期スペシャルウィークとの激闘、同じく外国産馬のエルコンドルパサーとのコンビなど、いまだ”史上最強”との呼び声高い世代の中核を担いました。

尾形調教師は『頑張り屋ゆえに痛さをも超えて走ってしまう』とグラスワンダーを評し、ケガと常に戦ってきた中で『きっちり結果を出してきたのには、この素直さ、真っ直ぐさ』と愛のあるコメントも残しています。

主戦の的場均騎手も語っていますが、尾形調教師にとっても『生涯最強の馬』だったのは間違いないですね」(競馬誌記者)

 最近でもツクバアズマオー、ケイアイエレガントなどキラリと光る重賞ホースを送り出していた尾形調教師。グラスワンダー以後はG1制覇を果たすことはできなかった、それでも通算勝利数などは相当なものである。

JRA尾形充弘調教師「800勝達成」で有終の美達成! 「史上最強世代」グラスワンダーで競馬界を彩った名匠が引退のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野