GJ > 競馬ニュース > アーモンドアイ最強ローテ!?
NEW

JRA「3冠+JCへ」アーモンドアイ最強ローテ決定!? 「条件通過濃厚」で浮上する「ルメール問題」も

【この記事のキーワード】, ,
JRA「3冠+JCへ」アーモンドアイ最強ローテ決定!? 「条件通過濃厚」で浮上する「ルメール問題」もの画像1

 2冠馬アーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)。この秋は「3冠」をかけて秋華賞(G1)に直行することを表明しているが、その後、ジャパンカップ(G1)への参戦も視野に入れていると「スポーツ報知」が伝えている。

 記事によれば、アーモンドアイは12日に美浦トレセンへ帰厩。この日、トレセンを訪れていたシルクレーシング代表の米本昌史氏は、レース後に反動が出る馬であるため、「あくまで馬の様子を見てから、その後を決める」と慎重な姿勢は崩さなかったが、今後のローテについて「秋にもう1戦使うとなると、ジャパンカップが有力」と世代を超えた強豪が集う1戦を見据えていることを明かした。

「以前から参戦のウワサはありましたが、ついに現実味を帯びてきましたね。あくまでアーモンドアイが秋華賞で優勝して3冠を達成後という条件付きですが、非常に夢がある話なのは間違いないです。

 これまでトライアルに出走することなく、牝馬3冠を達成した馬はいません。ですが、すでにアーモンドアイは『現役No.1』と評価されるほどの実力を持っています。また春のクラシックの上位陣は軒並み離脱しているため、チャンスは十分にあるでしょうね」(競馬誌ライター)

 牝馬3冠を達成後、ジャパンCまでも制した馬といえば、名牝ジェントルドンナの名前が思い浮かぶ。アーモンドアイにも伝説的名牝に続く偉業達成に期待がかかる。

JRA「3冠+JCへ」アーモンドアイ最強ローテ決定!? 「条件通過濃厚」で浮上する「ルメール問題」もの画像2

「ですが、もしアーモンドアイがジャパンカップに出走することになれば鞍上問題が浮上するでしょう。同馬の主戦はC.ルメール騎手が務めていますが、ジャパンカップにはルメール騎手のお手馬であるレイデオロも出走予定といわれています。有力馬ですので、どちらに騎乗するのかはルメール騎手にとって贅沢な悩みとなりそうです。

 ただ、やはりアーモンドアイが3冠達成したならば、そのままアーモンドアイに騎乗し続けるでしょう。レイデオロにはD.バルジュー騎手が騎乗したこともありますし、もしかしたら短期免許で来日予定のJ.モレイラ騎手が騎乗する可能性もあるかもしれません。この2頭はともにノーザンファーム産です。ルメール騎手がアーモンドアイを選んだとしても、代理でレイデオロに騎乗するのがモレイラ騎手ならば、社台グループも納得するのではないでしょうか」(競馬記者)

 アーモンドアイ×ルメール騎手vsレイデオロ×モレイラ騎手でレースが開催されるとしたら、ファンならずとも注目の1戦になるのは間違いない。だが、すべてはまだ机上の空論だ。この話を実現することができるのかは、アーモンドアイが秋初戦・秋華賞を勝利して牝馬3冠を達成するか否かにかかっている。

JRA「3冠+JCへ」アーモンドアイ最強ローテ決定!? 「条件通過濃厚」で浮上する「ルメール問題」ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野