GJ > 競馬ニュース > ルヴァン「強力」サイン
NEW

JRAチャンピオンズC(G1)ルヴァンスレーヴに「超強力」サイン!? 「紅」高畑充希来場でアノ有力馬に激走の気配?

【この記事のキーワード】, , ,
JRAチャンピオンズC(G1)ルヴァンスレーヴに「超強力」サイン!? 「紅」高畑充希来場でアノ有力馬に激走の気配?の画像1

 2日に中京競馬場で開催される今年のチャンピオンズC(G1)は、昨年王者のゴールドドリームの回避はあったもののダートの頂上決戦に相応しいメンバーが集った。

 ルヴァンスレーヴこそ抜けた1番人気に支持されているが、以下は混戦。レース当日朝現在も、5番人気までが単勝10倍を切る大混戦の様相を呈している。ちょっとした紛れが思わぬ高配当を生むかもしれない。

 その上でまず注目したいのが、チャンピオンズCのテレビCMだ。

 内容は先週のジャパンC(G1)とまったく同じ。いわゆる”使い回し”で本来ならサイン的な強さはないが、タイトルが「おんなじ!」だけに注目せざるを得ない。先週と同じなのだから、何かあるとすればここだろう。

 CMの内容は、父や母の父が同じ馬が出走しているという血統について。今週のチャンピオンズCの出走馬の中で、父が同じ馬を探してみると1組だけいる。父シンボリクリスエスのルヴァンスレーヴとサンライズソアだ。どちらも上位人気だけに十分にあり得るサインといえるだろう。

 さらに、単純にジャパンCと同じ結果になるというパターンも考えられる。

 先週は1番アーモンドアイが勝利し、2着が8番キセキ、3着11番スワーヴリチャードという結果だった。これに当てはめると1番アンジュデジール、8番ケイティブレイブ、11番オメガパフューム。こちらも十分に考慮に値する組み合わせだ。特に1番アンジュデジールは先週の1番アーモンドアイと同じくただ1頭の牝馬。いわゆる紅一点なので、より注意が必要だろう。

「紅」といえば、今年はNTTドコモのCMでX JAPANの代表曲『紅』が上手過ぎると話題を集めた高畑充希がチャンピオンズCのプレゼンターを務める。

JRAチャンピオンズC(G1)ルヴァンスレーヴに「超強力」サイン!? 「紅」高畑充希来場でアノ有力馬に激走の気配?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」