GJ > 競馬ニュース > 外国人騎手「連続G1勝利」
NEW

武豊オジュウチョウサンで外国人騎手「連続G1勝利」ストップ!?「16対2」大チャンス逃し、ますます暗い「今後」の見通し

【この記事のキーワード】, ,
武豊オジュウチョウサンで外国人騎手「連続G1勝利」ストップ!?「16対2」大チャンス逃し、ますます暗い「今後」の見通しの画像1阪神JFを制したC.デムーロ

「最大のチャンス」を逃してしまったのだろうか……。

 9日、阪神競馬場で2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)が開催され、C.デムーロ騎乗の1番人気ダノンファンタジーが勝利。これでこの秋は9週連続で外国人騎手がG1を勝ったことになる。

 世界の名手たちの勢いが止まらない。今秋、まずは秋華賞でC.ルメール騎手がアーモンドアイを牝馬三冠に導いたことを皮切りに、翌週の菊花賞をフィエールマン、さらには天皇賞・秋をレイデオロで、JBCスプリントをグレイスフルリープでそれぞれ勝利するなど、外国人騎手の快進撃の火付け役となった。

 その”バトン”を受け取ったJ.モレイラ騎手が、日本のレジェンド武豊をもってしてなかなかG1タイトルに手が届かなかったリスグラシューで、あっさりとエリザベス女王杯を制覇。翌週のマイルCSでは、短期免許で来日したW.ビュイック騎手がステルヴィオで日本初G1を決めた。

 この頃からメディアでも「外国人騎手○週連続G1勝利」という見出しが躍るようになる。

 当然、つまらないのは日本人の騎手たちだろう。なんとか”鎮火”を試みるが、ジャパンCのアーモンドアイの強さには目を見張るばかり……。翌週のチャンピオンズCでは、苦しみ続けていたM.デムーロ騎手が大本命ルヴァンスレーヴで久々のG1勝ちを決めて、喜びを爆発させた。これで「外国人騎手8週連続G1勝利」である。

 そして、迎えた先週の阪神ジュベナイルフィリーズは、記録更新阻止に挑む日本人騎手たちにとって最大のチャンスだったはずだ。

 この日は香港国際競走が重なり、ルメール騎手に加えてM.デムーロ騎手やビュイック騎手も不在。すでにモレイラ騎手やR.ムーア騎手らも日本での騎乗を終えており、阪神JFに参戦した外国人騎手はC.デムーロ騎手とB.アヴドゥラ騎手の2人だけだった。

武豊オジュウチョウサンで外国人騎手「連続G1勝利」ストップ!?「16対2」大チャンス逃し、ますます暗い「今後」の見通しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」