GJ > 競馬ニュース > 【JRA外国人騎手通信簿】
NEW

【JRA外国人騎手通信簿】5段階評価で「満点」は一人だけ!スミヨンは?デットーリは?

【この記事のキーワード】, , ,

【JRA外国人騎手通信簿】5段階評価で「満点」は一人だけ!スミヨンは?デットーリは?の画像1

 

 ご存知のように現在日本には多くの外国人騎手が短期免許で来日している。それはまさに豪華絢爛、川田将雅騎手をもって「毎週がワールドオールスタージョッキーズ」と呼べる状況であり、すでにその実力と実績は誰もが認めるところである。現在短期免許で来日しているのは以下の5名。

クリストフ・スミヨン

オイシン・マーフィー

ウィリアム・ビュイック

ランフランコ・デットーリ

ライアン・ムーア

 いずれも世界を股にかけ数多くのG1レースを勝利してきたトップジョッキーだ。日本の競馬とも馴染みは深く、スミヨンはオルフェーヴルで凱旋門賞に騎乗し、ブエナビスタで天皇賞・秋(G1)、エピファネイアでジャパンカップ(G1)を勝利。マーフィーは昨年12月に初来日し、今年2月の根岸S(G3)はコパノキッキングで重賞を勝利している。ビュイックはゴドルフィン専属騎手としても知られ、日本では昨年のマイルCS(G1)をステルヴィオで勝利。デットーリはシングスピール、ファルブラヴ、アルカセットでジャパンカップを3勝、イーグルカフェでジャパンカップダート(G1)も勝利している。そしてムーアといえば、モーリスとのコンビで日本と香港を席捲したのが記憶に新しいだろう。

 そんな5名のトップジョッキーが来日したのだから、競馬ファンも関係者も色めき立つのは当然だ。そして気になるのは、この5名がどんな成績を残したか、そしてこれから残すのかだろう。そこでこの秋の各ジョッキーの成績をチェックし、誰が優秀だったのか、そしてどんな条件が得意で「買える」のか、逆にどんな条件が苦手で「買えない」のかチェックしてみた。

 まずこの5人の成績と通信簿をご覧いただきたい。

 

・スミヨン【通信簿⇒5】

騎乗回数58回 15勝

[15 6 11  26]

勝率25.9%

連対率36.2%

複勝率55.2%

特別戦4勝・重賞2勝

スワンS(G2)ダイアトニック

エリザベス女王杯(G1)ラッキーライラック

 

・マーフィー【通信簿⇒4】

騎乗回数58回 7勝

[7 6 9 36]

勝率12.1%

連対率22.4%

複勝率37.9%

特別戦1勝・重賞1勝

ジャパンカップ(G1)スワーヴリチャード

 

・デットーリ【通信簿⇒4】

騎乗回数11回 3勝

[3 1 0 7]

勝率27.3%

連対率36.4%

複勝率36.4%

特別戦1勝・重賞0勝

 

・ムーア【通信簿⇒ 4】

騎乗回数24回 2勝

[2 8 0 14]

勝率8.3%

連対率41.7%

複勝率41.7%

特別戦1勝・重賞1勝

東京スポーツ杯2歳S(G3)コントレイル

 

・ビュイック【通信簿⇒2】

騎乗回数26回 5勝

[5 0 3 18]

勝率19.2%

連対率19.2%

複勝率30.8%

特別戦1勝・重賞0勝

【JRA外国人騎手通信簿】5段階評価で「満点」は一人だけ!スミヨンは?デットーリは?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」