GJ > 競馬ニュース > ムーア「寝る」
NEW

JRA有馬記念枠順抽選会でムーア「寝る」スミヨン「腕組み」レーン「ポケットに手」外国人騎手暴挙も同情の声多数

【この記事のキーワード】, , ,

JRA有馬記念枠順抽選会でムーア「寝る」スミヨン「腕組み」レーン「ポケットに手」外国人騎手暴挙も同情の声多数の画像1

 

 19日に開催された22日開催有馬記念(G1)の公開枠順抽選会。

 アーモンドアイ、リスグラシュー、サートゥルナーリアら超がつく豪華メンバーが集う今年のグランプリ。トリッキーな中山2500mにおいて重要視される枠順決定ということで、大きな注目を集めた。

 アーモンドアイは5枠9番、リスグラシューは3枠6番など、さまざまな思惑が交錯した抽選会ではあったが、ファンの間で話題になっているのが、6枠11番に収まったキセキの鞍上・英国のR.ムーア騎手だ。

 約1時間の抽選会の間、ムーア騎手はテーブルでずっと「うつむき加減」で、一時寝ているようにすら見えた。待てど暮らせど自分の番は回ってこず、結局最後に残ったスワーヴリチャード陣営と一緒にクジを引く、という結末だった(ムーアは自分では引いていないが)。

 さらに、マイクを向けられたムーア騎手は、今の心境を聞かれ、小さな声でこう応えている。

「tired(疲れた……)」

 会場からは苦笑も漏れたが、この日の外国人騎手は(C.ルメール騎手を除き)総じて憮然とした印象が強かった。

 サートゥルナーリア騎乗のC,スミヨン騎手は表情が一切変わらず腕組み、リスグラシュー鞍上D.レーン騎手も無表情かつポケットに手を突っ込んだまま応対、と「なかなか」な状況だった。

 このような状況で、ネットではさぞ「態度が悪い」とファンが怒るかと思いきや、実際はそうでもない。

「抽選会がグダグダと長すぎますし、日本語がわからない短期免許の外国人騎手には苦痛でも仕方ないでしょうね。ネット上でも『見世物じゃないもんな』『日本人騎手だって楽しいわけじゃないし当然』など、ムーア騎手らを擁護する声は多いです。

JRA有馬記念枠順抽選会でムーア「寝る」スミヨン「腕組み」レーン「ポケットに手」外国人騎手暴挙も同情の声多数のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  4. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  5. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末
  10. 【フェブラリーS】「元お手馬」のG1勝利に胸中は複雑?重賞初勝利で学んだ判断力の重要性…「鞍上強化」のお手本騎乗が今後の糧になるか