GJ > 競馬ニュース > 蛯名正義騎手「落馬重傷」
NEW

JRA武豊の同期・蛯名正義騎手「落馬重傷」で2019年終了……キャリア最低年間15勝「このまま引退?」が囁かれる事情

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊の同期・蛯名正義騎手「落馬重傷」で2019年終了……キャリア最低年間15勝「このまま引退?」が囁かれる事情の画像1

 28日、中山競馬場で行われた2歳未勝利戦でグーガルドリームズに騎乗した蛯名正義騎手が、本馬場入場後に落馬。検査の結果、右踵骨粉砕骨折と診断された。

 2019年のJRA開催最終日となったこの日、関東を代表する大ベテランにとって、思わぬ形の今年最終騎乗となってしまった。

「まだキャリアの浅い2歳馬ということもあって、グーガルドリームズも相当イレ込んでいたようです。蛯名騎手が落馬した後、菅原明良騎手へ乗り替わりが発表されましたが、菅原騎手が駆けつける前に暴れて放馬……。

コースを3週ほどした後、結局、発走除外となりました。

蛯名騎手の全治など詳しい発表はまだですが、粉砕骨折ということで長期休養になると思います。騎手として微妙な時期なので、元気に復帰してくれればいいんですが……」(競馬記者)

 記者の言う「微妙な時期」とは、蛯名騎手が昨年、今年と調教師試験を受験していることだ。武豊騎手の同期としても有名で、来年には51歳。言い換えれば、騎手引退が目の前に迫っているということだ。

 実際に蛯名騎手は今年、調教師試験に向けて騎乗を制限していた。

 年間15勝はキャリア最低の成績だ。本人は「すぐに(騎手を)辞めることはない」と発言しているが、気持ちはすでに次のステージへ向いている。今年は残念ながら試験不合格となったが、蛯名騎手の実績を鑑みれば、来年の合格も十分にあり得る。

「心配ですが、幸い命に別条はない模様。長期休養になるのは残念ですが、怪我の功名ではないけど、この期間を有効利用してじっくり試験対策をしてほしいですね」(別の記者)

 状況を知ったファンも衝撃に包まれる中、ネット上のSNSなどを通じ「心配や……」「しっかり治してターフに帰って来て!」「このまま騎手引退になってほしくない」「復活待ってます!」など、蛯名騎手を気遣い応援する声が続々……。

 今年の調教師試験が不合格だった際、自身の公式Twitterを通じ「僕の心は全く折れてないよ!『継続は力なり』やっぱり馬が好きなんだよね」とコメントしていた蛯名騎手。思わぬアクシデントで2019年を終えることとなったが、復帰の日を楽しみに待ちたい。

JRA武豊の同期・蛯名正義騎手「落馬重傷」で2019年終了……キャリア最低年間15勝「このまま引退?」が囁かれる事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に