NEW

JRA藤田菜七子「O.マーフィーで根岸S」でコパノキッキング降板……「もう1度、あの競馬を」Dr.コパの言葉と陣営の狙い

JRA藤田菜七子「O.マーフィーで根岸S」でコパノキッキング降板……「もう1度、あの競馬を」Dr.コパの言葉と陣営の狙いの画像1

 6日、昨年12月のカペラS(G3)を勝ったコパノキッキング(セン5歳、栗東・村山明厩舎)が、2月の根岸S(G3)から始動することがわかった。鞍上は、昨年同様O.マーフィー騎手になる見込みだ。

 昨年このレースを制し、本番のフェブラリーS(G1)で5着だったコパノキッキング。

 管理する村山明調教師によると、今年も同様にここからフェブラリーSへ向かう見込みだが、マーフィー騎手が帰国することもあって「ジョッキーは未定」という。

 コパノキッキングといえば、昨年は藤田菜七子騎手とのコンビで重賞2勝。菜七子騎手にとって重賞初勝利だったこともあり、大きな注目を集めた。

 しかし、ここでコンビを解消。前走のカペラSでは2着に2馬身半差をつける見事な騎乗だっただけに、意外な選択にも思えるが……。

「オーナーのDr.コパさんは、以前から『一競馬ファンとして、菜七子に重賞を勝たせるのが私の使命』とおっしゃっていましたから、それを実現したことで一区切りついたのは確かでしょう。

その一方で、カペラS後には『今年は村山調教師に随分とわがままを聞いてもらったから、来年はレースも騎手も全て任せる』とコメント。その結果、マーフィー騎手とのコンビ再結成になりました。

マーフィー騎手とは昨年の根岸Sを勝ったコンビですし『勝つ』という意味では、これ以上ないジョッキーだと思います」(競馬記者)

 実際にDr.コパこと、小林祥晃オーナーは昨年の根岸S後に「マーフィーは上手いねえ」と、その手腕を絶賛。陣営から絶大な信頼があることは間違いといえるだろう。

 その上で、記者は『陣営がフェブラリーSを本気で獲りに来ているのでは』と語る。

JRA藤田菜七子「O.マーフィーで根岸S」でコパノキッキング降板……「もう1度、あの競馬を」Dr.コパの言葉と陣営の狙いのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】