GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「まさかの取りこぼし」
NEW

JRA川田将雅 断然人気で「まさかの取りこぼし」一緒にアレも飛んでった!?

【この記事のキーワード】, , , ,

JRA川田将雅 断然人気で「まさかの取りこぼし」一緒にアレも飛んでった!?の画像1

 「今年こそルメールを倒してリーディング奪取」

 そう公言してはばからない川田将雅騎手にとって思わぬ誤算だった。

 15日、京都2R・3歳未勝利(ダート1800m)で、川田騎手は単勝1.9倍に支持されたヴァシリアス(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)に騎乗。

 好位から積極的な競馬で手応えよく直線を迎え、あとは内で粘る10番人気の穴馬シフクユウヒを交わすだけといった状況だった。

 ところが、楽に交わせるはずのシフクユウヒにしぶとく粘られてなかなか交わせない。右に左にムチを持ち替えながら2発3発と懸命に追っているうちに、持っていたムチが後ろに飛んで行ってしまったのである。

 ムチがなくなってからは追って追って何とかシフクユウヒは捕まえることが出来たものの、外から差して来たセルファースに交わされクビ差の2着に敗れてしまった。

 「川田騎手も焦ったと思いますよ。ムチを落としていなくても勝ち馬の脚色と比較して勝っていたかどうかは微妙ですが、もし3着に負けていたら相当ヤジられていたかもしれませんね。」(競馬記者)

 レース中に騎手がムチを落としてしまうことは珍しいことではない。過去にもC.ルメール騎手やM.デムーロ騎手なども「手ムチ」で追ったケースもある。

 また、武豊騎手が98年の日本ダービー(G1)をスペシャルウィークで初優勝した際に、興奮のあまり、ゴール100m手前でガッツポーズをしようとしてムチを落としてしまったのはあまりに有名な話だろう。

 とはいえ、リーディングジョッキーを狙う川田騎手にとっては、今年は勝負の年だ。

 天下取りを目論んだ2020年だったが、O.マーフィー騎手がわずか11日間で驚異の27勝をあげ、年始の競馬を席巻した結果、2位に甘んじていた。日本人トップを自負しても次から次へと現れる外国人騎手が立ちはだかる。

 だが、短期免許のマーフィー騎手が2日の騎乗を最後に帰国。次の来日は秋の天皇賞の週ではないかと言われている。川田騎手にとっては文字通り「目の上のこぶ」がいなくなった状態となり、現在は武豊騎手、ルメール騎手を押さえてリーディングに返り咲いたばかり。

 それだけに辛うじて2着は確保できたものの、1倍台まで支持されていた馬で勝てなかったのは痛いだろう。ただでさえ、乗鞍を絞っているだけにこの1勝は計算していたに違いない。

 G1シーズンが近づくと有力馬を多数抱えるルメール騎手の追い上げも激しくなることも予想されるだけに、勝てるレースをきっちりと勝ち切ってセーフティーリードを保っておきたいところだ。

 悲願のリーディング奪取のためにも、うかうかしていられない。

JRA川田将雅 断然人気で「まさかの取りこぼし」一緒にアレも飛んでった!?のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」