NEW

祝!ウマ娘~プリティーダービー Season 2~制作決定!武豊の再出演、アーモンドアイ、デアリングタクト、コントレイルの登場は? 再放送情報も!

【この記事のキーワード】
祝!ウマ娘~プリティーダービー Season 2~制作決定!武豊の再出演、アーモンドアイ、デアリングタクト、コントレイルの登場は? 再放送情報も!の画像1
ウマ娘~プリティーダービー~ ティザーPVより

 競馬ファン、そしてアニメファン待望のニュースが飛び込んできた。2018年に公開され瞬く間に人気を博した競馬アニメ『ウマ娘~プリティーダービー~』(Cygames)のシーズン2の制作、そして2021年の公開が発表されたのである。

 ウマ娘は実在の競走馬に扮した美少女キャラが、実際に競馬場で走り、ビックレースを勝利していきながら成長していく姿を描いた作品。競馬アニメと言えば「みどりのマキバオー」が有名だが、マキバオーに出てくる競走馬はすべて架空の存在であるのに対し、ウマ娘は実際に活躍した競走馬がベースとなっている。

 そしてシーズン1の主人公であるスペシャルウィークを始め、登場キャラクターは実際の競走馬と同じ誕生日というから、なかなかのマニアックぶりだ。

 実際の競走成績とオリジナルストーリーがミックスされているのも大きなポイント。スペシャルウィークの場合、弥生賞でセイウンスカイを負かすも、皐月賞ではそのセイウンスカイの逃げ切りを許し、日本ダービーで雪辱するという現実に沿った展開。一方でこの日本ダービーでは、実際には出走していないエルコンドルパサーが出走し、スペシャルウィークと同着優勝という展開も話題になった。

 シーズン1はスペシャルウィークとサイレンススズカが中心のストーリーで、他にもトウカイテイオー、エルコンドルパサー、ウオッカ、ダイワスカーレット、ゴールドシップ、メジロマックイーン、グラスワンダー、タイキシャトル、ヒシアマゾン、エアグルーヴ、シンボリルドルフなどのウマ娘が登場している。

 ただ、ディープインパクトなど金子オーナーの所有馬、ノースヒルズ系の馬(ファレノプシスなど)、そして社台グループ系クラブの馬(ステイゴールドなど)は登場していないので、そのあたりは大人の事情もあるだろう。

 主人公のスペシャルウィークは人気声優の和氣あず未(アイドルマスターなど)、サイレンススズカは高野麻里佳(Re:ゼロから始める異世界生活など)が担当。さらに実際の競馬関係者として、武豊騎手や細江純子(元JRA騎手・競馬評論家・ホースコラボレーター)が出演しそれも大きな話題となった。

 ちなみにオリジナルビデオアニメ『BNWの誓い』ではビワハヤヒデ、ウイニングチケット、ナリタタイシンの三強を描いたテーマもあり、また漫画や短編アニメでも多くの名馬が登場している。

 競馬というジャンルにおいて、ウマ娘ほど多くのメディアミックスに成功した例はない。

 過去にあった本格的な競馬のアニメは「みどりのマキバオー」のみで、漫画は「風のシルフィード」「優駿の門」「じゃじゃ馬グルーミンUP!」「ダービージョッキー」「ウイニングチケット」「ありゃ馬こりゃ馬」など有名な作品も多いが、いずれもアニメ化には至ってない。

 そういった意味でもみどりのマキバオー以来となる競馬アニメとして、競馬ファンの拡大に少なからず影響を与えたといっていいだろう。実際にウマ娘はJRAを含めた様々なメディアミックスを展開している。コミック、OVA、CD、グッズ、コラボレーションなど様々。またアプリゲームの開発も続いており、12月にはゲームに関する続報もあるという。

祝!ウマ娘~プリティーダービー Season 2~制作決定!武豊の再出演、アーモンドアイ、デアリングタクト、コントレイルの登場は? 再放送情報も!のページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「勇気が足りなかった」動けなかった武豊と、動いた松山弘平。日本ダービー(G1)の明暗を分けた「経験値」
  2. 日本ダービー(G1)横山武史惜敗に「よそゆきの乗り方」が関係!? 元JRA田原成貴氏が持論展開
  3. 日本ダービー(G1)D.レーン「背信続き」の崖っぷちから失地回復!テン乗りジンクスも「正直知らなかった」…またしても2着横山武史はトラウマ再発?
  4. 「単勝262.8倍」シンガリ16番人気馬が大激走で今年のJRA最高払戻金額を記録! 来年のダービーウィークでも要警戒?
  5. 「走る馬だと今日立証された」福永祐一氏“自虐ネタ”に大爆笑!? タスティエーラ堀宣行調教師に「禁断の奥の手」を使わせた怪我の功名
  6. 武豊、今年最初の「2歳新馬戦」はドウデュース厩舎の期待馬とタッグ! G1・4勝をあげた父の代表産駒と同配合
  7. 【鳴尾記念(G3)展望】世界最強イクイノックスが待つ宝塚記念(G1)へ! 大器ソーヴァリアントは負けられない一戦
  8. ゴール寸前でまさかの「落馬」アクシデントも…次の騎乗で馬群を割り1着を獲った若武者に称賛の声
  9. 【安田記念(G1)展望】川田将雅×ソダシVS武豊×ジャックドールVS昨年覇者ソングライン! 超ハイレベルの東京連続G1最終章
  10. 川田将雅×ソダシの新コンビに違和感!? 懇意のダノックス所有馬からの乗り替わりに「以前ほど優先しなくなったのかな」の声