GJ > 競馬ニュース > 偉業の締めは「あの馬」しかいない!?
NEW

JRA「偉業」の年! アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト……最後の締めは「あの馬」しかいない!? 「全弟」勝利で繋いだバトン

JRA「偉業」の年! アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト……最後の締めは「あの馬」しかいない!? 「全弟」勝利で繋いだバトンの画像1

 今年最後の「偉業」はこの馬で――。

 7日、8月の新潟ジャンプS(J・G3)で落馬負傷した石神深一騎手が、コウキチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一厩舎)で復帰初戦の障害戦(OP)を勝利した。

 コウキチョウサンは障害転向後、今回が11戦目。前走は石神騎手の戦線離脱で高野騎手が騎乗したが、7着に敗れていた。

 再び石神騎手が鞍上に戻った一戦。10頭立てとなったレースで、コウキチョウサンは2番人気に推されていた。

 レースでは、スタートで行き脚がつかず後方からとなったコウキチョウサン。最初の障害でも上手く歩幅が合わず、苦しい出だしとなった。

 しかし、石神騎手がレース後「2走前のように徐々に上がっていければと思っていました。相手はミッキーブラックだと思っていたので、3角で射程圏に入れて競馬をしました」と語ったように、道中でじょじょに進出し最後の直線では3番手。

 直線に入り最後の障害では躓く危ない場面もあったが「最終障害さえクリアできれば大丈夫だと思ったので、そこは大事に飛びました」とレース後に振り返ったのは、本馬の不得手を理解しているからこその言葉だろう。

 最後は後続の追撃も凌ぎ切り完勝したコウキチョウサン。石神騎手は「本当に福島は上手ですね。これからは斤量を背負うことになるので、他のコースでも今日のように差し脚を使えるといいですね」と今後を見据えたコメントを残した。

 コウキチョウサンは独特な「ネーミング」からも想像できるように、オジュウチョウサンの全弟である。

 母シャドウシルエットに父がステイゴールド。偉大な兄と同血である事からも、障害界の次世代スター候補として注目が集まるのも当然といえるだろう。

JRA「偉業」の年! アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト……最後の締めは「あの馬」しかいない!? 「全弟」勝利で繋いだバトンのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】