GJ > 競馬ニュース > クロノジェネシス「確勝サイン」はレース前から!?
NEW

JRAクロノジェネシス「リスグラシューの法則」で有馬記念(G1)制覇! 過去4戦4勝「確勝サイン」はレース前から出ていた!?

【この記事のキーワード】,

クロノジェネシス「リスグラシューの法則」で有馬記念(G1)制覇! 過去4戦4勝「確勝サイン」はレース前から出ていた!?の画像1

 27日、中山競馬場で行われた有馬記念(G1)は、北村友一騎手の1番人気クロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)が優勝した。5馬身差圧勝を飾った宝塚記念(G1)に続きグランプリを制覇。通算3勝目のG1タイトルを手に入れた。

 デビューから誰にも手綱を譲ったことがない馬での勝利に、北村友騎手喜びもひとしおだったに違いない。満面の笑みでの勝利騎手インタビューとなった。

 レース後のコメントでは「いつもの自然体を心掛けたかった。折り合いもスムーズでした」と最高の結果を振り返り、「2500mは昨日も今日も乗せていただいて自分の中でいいイメージを描いて競馬したつもりです。今年は未対戦の三冠馬が2頭いますので、譲らないように主役として引っ張っていけるような存在であって欲しい」と来年への思いをコメントした。

 16頭立てのフルゲート。先手を取ったのは大方の予想通りバビット。フィエールマンはC.ルメール騎手が2番手の好位という積極的な競馬を選択。これとは対照的にクロノジェネシスは12番手という意外な位置取りだった。前半1000mが1分2秒2のスローペースに落ち着いたこともあり、道中の隊列に大きな変化はなかった。G1の大舞台ということもあってか、淡々と流れていく。

 レースが動いたのは残り1000m手前あたりから。後方にいたクロノジェネシスが徐々にポジションを押し上げていく。名手ルメール騎手が手綱を取るフィエールマンは秋の天皇賞で後塵を拝した相手。ライバルの背中は鞍上の北村友騎手にとって絶好の目標となったのかもしれない。

 前半をリラックスして走ったクロノジェネシスの手応えは抜群だ。直線入り口ではフィエールマンのすぐ後ろまで差を詰めた。先に抜け出しを図ったフィエールマンに狙いを定めてパートナーを叱咤激励。懸命に粘りこむ相手をゴール前で捕まえ、猛追してきたサラキアの追撃をクビ差で凌ぎ切った。

「中山コースの経験が少ない北村友騎手にとって有馬記念までに2500mのレースを2度騎乗できたことも大きかったと思います。本人もコメントしていたように、いいイメージで大一番に臨むことができた理由でしょう。

3着に敗れた秋の天皇賞では、好位からの競馬が出来なかったことを悔やんでいただけに、後ろからの競馬は少々意外でしたが問題なかったですね」(競馬記者)

 その一方で、クロノジェネシスの勝利を予感させる「サイン」も出ていたという意見もあった。

 クロノジェネシスは440キロでデビュー。10キロ増で出走した有馬記念はデビュー以来最高の474キロだった。ここまでキャリア12戦を重ねて馬体重増で出走したレースは4戦4勝の無敗だったのだ。

 昨年の勝ち馬リスグラシューも432キロでデビューした馬だが、引退レースの有馬記念では468キロと最高体重での勝利だった。

 どちらも古馬を迎えてのさらなる成長が、本格化を後押しする原動力となったに違いない。

JRAクロノジェネシス「リスグラシューの法則」で有馬記念(G1)制覇! 過去4戦4勝「確勝サイン」はレース前から出ていた!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ノーザンファーム系有力馬に「使い分け疑惑」が浮上…秋華賞(G1)リバティアイランドの牝馬三冠が濃厚も…「勝っても負けても使わない」は有言実行?
  2. スプリンターズS(G1)横山武史「史上2人目」大記録達成に王手! トップ騎手が重賞1番人気「11連敗」の泥沼…天皇賞・秋(G1)「最強馬問題」がついに決着か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. たった「5日」で初G1勝利の離れ業…横山典弘の最年長記録も阻止、単勝を買い続けるだけで「儲かる刺客」が秋競馬に波乱呼ぶ?
  4. 菊花賞直行のタスティエーラに一頓挫…三冠濃厚リバティアイランドにも気になる噂…この秋「最大の盛り上がり」はジャパンCより天皇賞・秋?
  5. 【シリウスS(G3)予想】人気サイドは押さえたものの、三冠馬に食らいついた唯一の3歳馬に期待
  6. 「1着しか評価されない」「私の技術不足」腕はあってもチャンスに恵まれず…期待のお手馬からまたもや降板、若手の注目株に訪れた試練【スプリンターズS】
  7. 武豊「裁決に呼ばれるまで気がつかなかった」史上初の悲劇に大混乱。日本ダービーで“守られた”三冠、温情采配から8年…JRAが振るった大ナタと歴史が変わった日
  8. 「明暗」分かれたスワーヴリチャードとレイデオロ、評価と成績で逆転されるも…巻き返しに期待出来そうなワケ
  9. 元JRA安藤勝己氏「あの2頭に割って入る器」も鞍上問題避けられず…C.ルメールが「G1レベル」とローシャムパークに太鼓判
  10. 海外G1馬を上に持つ「3億円ホース」がついにデビュー。リバティアイランドと同タッグの好素材など強敵揃うも「初戦突破&オープン出世」確定か