GJ > 競馬ニュース > ランドオブリバティにとってプラス!?
NEW

JRA「主戦失格」の烙印押された三浦皇成はランドオブリバティにとってプラスとなるのか!? スプリングS(G2)M.デムーロ「騎乗停止」で再登板も安心できない理由

【この記事のキーワード】,

 21日、中山競馬場で行われるスプリングS(G2)に出走を予定しているランドオブリバティ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)の鞍上が三浦皇成騎手に決定した。

 ランドオブリバティ陣営は当初、鞍上にM.デムーロ騎手を予定していたが、同騎手は7日の中山8Rでスペキュラースに騎乗した際、スタート後に内側へ斜行。複数馬の進路を狭くしたとして、20日、21日の騎乗停止処分が下された。

 かつて主戦を任されていた馬に返り咲いた三浦騎手だが、一度はコンビ解消となったほろ苦い過去もある。

 前走きさらぎ賞(G3)でランドオブリバティに騎乗した三浦騎手は、1番人気ながら3着。レース後に三浦騎手は「スタートして挟まれて、後ろからになった」と話したが、「今日はゲートをタイミングよく出すつもりはありませんでした」とコメントしたように、元々前に行く気がなかったかに見えた騎乗内容だった。

 これに対し、ネット上の競馬ファンからはSNSや掲示板を通じて「ただの試運転だった?」「勝負しないなら先に言って」「もう乗り替わってほしい」と非難ともとれる声すら上がった。

 管理する鹿戸調教師「真面目に走ってくれました」と、無事ゴールしたことを評価した一方で、「もったいない競馬だった」と歯切れの悪いコメントを残した。

 これが決定打となったのか、ランドオブリバティ陣営は次走に予定していたスプリングS(G2)を、デムーロ騎手とのコンビで挑むことを発表し、三浦騎手は事実上の「主戦失格」の烙印が押されることとなった。

 しかし、この降板劇は単にきさらぎ賞で敗れたことだけが原因となっているわけではない。

 伏線となったのは昨年末、2番人気に支持されたホープフルS(G1)の大逸走だ。レースでは4コーナーを曲がり切れないまま、外ラチに向かって走った結果、三浦騎手を振り落として競走中止となっているのだ。

 このとき鹿戸雄一調教師は「話にならない」とすでに厳しいコメントをしていた。きさらぎ賞は、いわばホープフルSの「追試」の意味合いも含まれていた訳だが、三浦騎手はチャンスをものにすることが出来なかった。

 とはいえ、三浦騎手はランドオブリバティを失ったものの、1月の京成杯(G3)でデムーロ騎手が2着と敗れたタイムトゥヘヴンとのコンビで弥生賞(G2)の参戦が決定。新たに得たパートナーと皐月賞の権利取りを目指したものの、6着に敗れて期待を裏切る結果に終わっていた。

 スプリングS(G2)でデムーロ騎手の手腕に託すはずだったランドオブリバティ陣営にとっては大誤算となったが、皐月賞の騎乗馬がいなくなった三浦騎手にとって、デムーロ騎手の騎乗停止で舞い込んだ再登板は、僥倖といえるのかもしれない。

JRA「主戦失格」の烙印押された三浦皇成はランドオブリバティにとってプラスとなるのか!? スプリングS(G2)M.デムーロ「騎乗停止」で再登板も安心できない理由のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に