GJ > 競馬ニュース > 【WIN5予想】 最終関門は「あの馬」の一発に警戒
NEW

JRA払戻レコード「5億5444万6060円超え」のカギは阪神大賞典(G2)アリストテレスの取捨!? 最終関門は盲点となりそうな「あの馬」の一発に警戒【WIN5予想】

【この記事のキーワード】, ,

JRA払戻レコード「5億5444万6060円超え」のカギは阪神大賞典(G2)アリストテレスの取捨!? 最終関門は盲点となりそうな「あの馬」の一発に警戒【WIN5予想】の画像1

 先週のWIN5払戻は5億5444万6060円。対象5レースで1番人気馬が未勝利だったことに加え、超高額配当の決定打となったのが3レース目の金鯱賞(G2)だ。

 昨年の牝馬三冠馬デアリングタクトの始動戦ともあって、同馬の単勝は1.4倍の圧倒的1番人気。今年好調な松山弘平騎手とのコンビだけに、このレースを1点にして購入したファンも多かったに違いない。

 しかし、最低人気ギベオンがノーマークの利を活かしてまんまと逃げ切り勝ち。デアリングタクトも猛然と追い上げたが、クビ差の2着に敗れた。4レース目のフィリーズレビュー(G2)でも8番人気シゲルピンクルビーが激走により、この時点で残存票はわずか8票にまで激減した。

 最終関門となった5レース目は、3番人気アナザーリリックの勝利。キャリーオーバーを期待する声も出ていたが1票の的中が判明したことで、溜め息を漏らしたファンも多かったのではないか。

 だが、WIN5ファンよ悲しむなかれ。WIN5は毎週発売されるだけに、挑戦し続ければいつかチャンスが訪れるはずだ。

 そこで、今週のWIN5対象レースについて分析をしておきたい。

 阪神大賞典(G2)、スプリングS(G2)を含む開催は、昨年までで9回。払戻の内訳は50万円以下が4回あって、残りは119万円、482万円、562万円の3回、4586万円が1回、1億9837万円が1回と比較的平穏。的中を狙うには手頃かもしれない。

 まず1レース目の阪神10RなにわS(3勝クラス)から。ダート1200mのハンデ戦ともあっていきなり難解だ。バーニングペスカ、メイショウハナモリが人気を集めそうだが、下馬評的に混戦模様ということもあり油断はできない。この条件で穴を出す国分恭介騎手のテルモードーサも不気味な存在だ。始まっていきなり脱落しては元も子もないため、ある程度手を広げた方がよさそうだ。

 2レース目は中山10R千葉S(3勝クラス)。千直王者ライオンボスの参戦は不気味だが、舞台は中山ダート1200mとコース適性を問われる条件のため、消しでいいだろう。3連勝中のサイクロトロンに警戒しつつ、ジャスパープリンスとヒロシゲゴールドを中心に採りたい。

 3レース目の名古屋城S(OP)はダート1800m条件と、3レース連続でダートが続く。松山騎手のテーオーケインズ、実力上位のミヤジコクオウを狙いたい。中京で穴を開けている高倉稜騎手のエイコーンにも注意だ。

 4レース目の阪神大賞典には、1倍台の断然人気が予想されるアリストテレスが出走する。1倍台に支持された弥生賞(G2)のダノンザキッド、金鯱賞のデアリングタクトが敗れたばかり。

 穴党なら淡い期待を持ちたくなりそうだが、さすがにここは相手関係が違い過ぎる印象だ。紛れのある中京コースでもなく、まだまだ馬場のいい阪神での開催。手綱を執るのが騎手リーディングを独走中のC.ルメール騎手なら、ここは素直に1点勝負が無難か。

JRA払戻レコード「5億5444万6060円超え」のカギは阪神大賞典(G2)アリストテレスの取捨!? 最終関門は盲点となりそうな「あの馬」の一発に警戒【WIN5予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野