GJ > 競馬ニュース > 青嶋達也アナの“迷実況”に大反響!?
NEW

フジテレビ『みんなのKEIBA』青嶋達也アナの“迷実況”に大反響!? スプリングS(G2)ランドオブリバティに「ハリボテエレジーかよ!」

フジテレビ『みんなのKEIBA』スプリングS(G2)青嶋達也アナの迷実況に大反響!? ランドオブリバティに「ハリボテエレジーかよ!」の画像1

 21日、中山競馬場で行われたスプリングS(G2)は、3番人気のヴィクティファルスが差し切り勝利。共同通信杯(G3)2着の実力馬が、本番の皐月賞(G1)へ大きく存在感をアピールした。

 だが、この勝ち馬以上に戦前からファンの注目を集めていたのが、2番人気で7着に敗れたランドオブリバティ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)だった。

「さあ、この中山に帰ってきて、今度こそどうか!」

『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)でレース実況を担当した青嶋達也アナが、そう危惧するのも無理はない。ランドオブリバティは今回と同じ中山で行われたホープフルS(G1)で4コーナーを曲がり切れずに逸走……。外ラチ沿いまで暴走すると、鞍上の三浦皇成騎手が落馬してしまうアクシデントとなった。

 それだけにランドオブリバティにとっての「魔の4コーナー」が近づくにつれ、青嶋アナの実況にも自然と熱が入る。

「ランドオブリバティ、ここからだ! 4コーナーカーブ! さあ、こっちだ!こっちだ!」

 まるで自分のペットを励ますような異例の実況……ランドオブリバティが無事に4コーナーを回り終えると「ちゃんとゴールに向かってきた!」と褒め称えた。

「ホープフルSの逸走は衝撃的でしたし、あの時と同じ中山で青嶋アナが心配になるのもわかりますよ。残念ながら7着に敗れてしまったランドオブリバティですが、4コーナーでは膨れないように上手く三浦騎手が外に馬を置いていたこともあって、無事に回ることができました。

三浦騎手が『1、2コーナーで結構コントロールが利かない感じになった』と話していた通り、まだ今後に課題を残したままですが、まずは右回りを無事に走れたことが何よりだと思います」(競馬記者)

 また、青嶋アナのやや過保護とも思える実況には、多くの競馬ファンが反応したようだ。

フジテレビ『みんなのKEIBA』青嶋達也アナの“迷実況”に大反響!? スプリングS(G2)ランドオブリバティに「ハリボテエレジーかよ!」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か