GJ > 競馬ニュース > 【アーリントンC(G3)展望】
NEW

JRA【アーリントンC(G3)展望】モーリス産駒ピクシーナイト勝てば“G1制覇”100%!? ミッキーアイル産駒の大物は「3連勝」でNHKマイルC(G1)権利獲りへ

JRA【アーリントンC(G3)展望】モーリス産駒ピクシーナイト勝てばG1制覇100%!? ミッキーアイル産駒の大物は「3連勝」でNHKマイルC(G1)権利獲りへの画像1

 17日、阪神競馬場では第30回アーリントンC(G3)が行われる。今年もNHKマイルC(G1)への優先出走権が与えられる3枚の切符を巡る激しい争いとなりそうだ。

 実績面で頭一つ抜けているのは、1月のシンザン記念(G3)を制したピクシーナイト(牡3歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。前走は福永祐一騎手の好判断で逃げの手を打つと、前半から軽快なラップを刻み、父モーリスに重賞初制覇をプレゼントした。

 過去29回のアーリントンCにおいて、前走シンザン記念組は「5-4-4-15」と好成績を残している。そのシンザン記念で1着だった場合は「2-0-0-5」。シンザン記念とアーリントンCを2連勝した馬は、過去に02年タニノギムレットと14年ミッキーアイルだけ。どちらもその後、G1制覇を遂げている。

 当時と開催時期は違うが、3歳マイル重賞2連勝は実力がないとなかなかできない。前走で2着に下したルークズネストは、ファルコンS(G3)で2歳マイル王のグレナディアガーズを破っており、シンザン記念のレースレベルの高さも折り紙付きだ。

 NHKマイルCを見据えた仕上げで臨むとみられるが、あっさり勝つようなことがあれば、本番でも堂々の主役候補となるだろう。

 そのピクシーナイトに挑戦状を叩きつけるのは、父がミッキーアイルのショウリュウレーヴ(牡3歳、栗東・佐々木晶三厩舎)だ。

 新馬戦こそ4着に敗れたが、未勝利戦、そして1勝クラスを連勝して、今回が重賞初挑戦。初のマイル戦となるが、マイルG1・2勝の父の血に加え、母ショウリュウムーンはチューリップ賞など1600~1800mの重賞を3勝した実力馬だった。また、半兄のショウリュウイクゾは今年の日経新春杯(G2)を勝っており、距離延長は全く心配ないだろう。

 前走は4か月ぶりの実戦で、パフォーマンスを上げていたのも強調材料。団野大成騎手はレース後「使ってさらに良くなりそう」とコメンしている通り、ひと叩きされた効果により3連勝で重賞制覇も夢ではない。

 川田将雅騎手が騎乗予定のホウオウアマゾン(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、大敗からの巻き返しを図る。

 前走の朝日杯FS(G1)では4戦2勝、2着2回という安定感ある戦績もあって3番人気に支持された。しかし、道中いつもの手応えがなく、勝ったグレナディアガーズから0秒7差の9着に敗れた。それまでは逃げ・先行競馬でも速い上がりを駆使する強い内容だった。しかし、前走は道中6番手といつもの位置を取れず、直線でも弾けることはなかった。

 デビューから半年間で5戦と、やや使い詰めだったことも影響したか。一息入れ、4か月ぶりの実戦で、成長したところを見せることはできるか。

JRA【アーリントンC(G3)展望】モーリス産駒ピクシーナイト勝てば“G1制覇”100%!? ミッキーアイル産駒の大物は「3連勝」でNHKマイルC(G1)権利獲りへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…ジャスティンパレス、ママコチャと有力馬の「降板」相次ぐ若手騎手に同情の声
  2. 某厩舎の忘年会で阪神JF勝負情報が漏洩?「アスコリピチェーノやコラソンビートには負けない」勝利に自信を見せる意外な穴馬
  3. 「穴太郎」こと野中悠太郎が1300万馬券の大仕事! 単勝117.5倍の快勝劇は中山歴代4位の大波乱
  4. ディープインパクト×ブラックタイドの「インブリード」は? イクイノックス引退などで今後注目が高まりそうな「全きょうだいクロス」
  5. C.ルメールに「イクイノックス・ロス」の声!? 8鞍連続で人気以下に敗退、チャンピオンズCも二桁着順…
  6. 元JRA安藤勝己氏の「苦言」乗り越え、取り戻した積極性! ライバル陣営を唸らせた神逃亡劇に大御所も「ペース配分は大したもん」
  7. 「藤沢和雄イズム」継承の名門がレイデオロ産駒と2年前のリベンジへ! 英国名手も「大絶賛」デビュー2連勝の大器がダービー候補に名乗り
  8. 【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…「三冠皆勤」のライバルに託すバトン
  9. 【チャンピオンズC】190万馬券の立役者・原優介「全国デビュー」に嘆きの声!? 12番人気ウィルソンテソーロで豪快追い込みも「ついに原がバレてしまった」
  10. 「距離克服」レモンポップに飛躍の来春? パンサラッサ、ウシュバテソーロが証明した日本馬の底力…1億2000万円の連覇より魅力的な舞台も視野