NEW

JRAマカヒキは「何故」復活できたのか。京都大賞典(G2)直前「若い馬にも負けてない」諦めなかった陣営の信念

【この記事のキーワード】, ,

JRAマカヒキは「何故」復活できたのか。京都大賞典(G2)「若い馬にも負けていない」諦めなかった陣営の信じる心の画像1

 何故、走り続けるのか――。その答えが、ここにあった。

 10日、阪神競馬場で開催された京都大賞典(G2)は、9番人気のマカヒキ(牡8歳、栗東・友道康夫厩舎)が勝利。2016年のダービー馬が5年1カ月の時を経て、ついに復活の狼煙を上げた。

 1週前追い切りでは、このレースで2番人気に支持されたヒートオンビート、さらには同日の毎日王冠(G2)で4番人気だったポタジェと互角の動きで併入したマカヒキだったが、最終的には9番人気……。

 追い切りを見守った友道調教師から「今でも『さすが』という動きをする。若い馬にも負けていない。力の衰えはないと思う」と力強い言葉が出たが、それを心から信じることができたファンはごく少数だった。

 それもそのはず。2016年に日本のダービー馬として世界に打って出たマカヒキだが、前哨戦のニエル賞(G2)を快勝したものの、凱旋門賞(G1)で14着に大敗……。それ以来、約5年間、長いトンネルに入り「今度こそ復活する」というファンの期待を何度も何度も裏切り続けてきた経緯がある。

 グレード制導入後、ダービー馬が7歳以降まで現役を続行したのはマカヒキだけ。いつしか復活を期待する声は小さくなり、「いつまで走るのか」「何故、引退しないのか」といった声が日に日に大きくなると、ついには人々の関心さえ薄くなった。

 全盛期を過ぎても現役を続行し、引退期を逃した名馬がひっそりとターフを去る。マカヒキもまた、そんな数多の馬たちの1頭になると誰もが思っていたはずだ。

 しかし、マカヒキは終わっていなかった。14頭立て、芝2400mのレースには同厩のヒートオンビートの他にも、キセキやアリストテレスといった秋のG1を狙う強豪の姿もあったが、中団からレースを運んだマカヒキは最後の直線で力強く伸びた。キセキとアリストテレスの叩き合いに割って入ると、最後は3頭が横一線でゴールした。

JRAマカヒキは「何故」復活できたのか。京都大賞典(G2)「若い馬にも負けていない」諦めなかった陣営の信じる心の画像2

「本当に、力強い走りをマカヒキがしてくれたことが何より嬉しいです」

 5年1か月ぶりの勝利は、日本ダービー(G1)を勝ったころを彷彿とさせるような鮮やかなレースでは決してなかった。馬群の中で迎えた最後の直線はなかなかエンジンが掛からず、何度も前が壁になった。それでもレース前に「なんとか馬の気持ちを切らさないように」と誓った藤岡康太騎手が先に音を上げるわけにはいかなかった。

JRAマカヒキは「何故」復活できたのか。京都大賞典(G2)直前「若い馬にも負けてない」諦めなかった陣営の信念のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合