GJ > 競馬ニュース > 【府中牝馬S(G2)展望】
NEW

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンス

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンスの画像1

 16日には東京競馬場で府中牝馬S(G2)が行われる。過去10年でこのレースをステップに4頭がエリザベス女王杯(G1)を制している。今年は4歳馬を中心に好メンバーがそろいそうだ。

 昨年の秋華賞(G1)でデアリングタクトの2着に好走したマジックキャッスル(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)。これまで12戦して2勝と勝ち味には遅いが、掲示板を外したのは出遅れがたたって12着に沈んだ桜花賞(G1)だけと安定感がある。

 東京コースでは、クイーンC(G3)で4番人気2着、オークス(G1)では14番人気5着、そして今年のヴィクトリアマイル(G1)は5番人気3着と人気以上の好走を見せてきた。

 ヴィクトリアマイル後は、クイーンS(G3)で重賞2勝目を狙ったが、ゴール前でテルツェットの強襲に遭いクビ差の2着。434kgと小柄なマジックキャッスルには初の56kgという斤量が堪えた印象だ。

 コンビを組むのは「2-3-1-0」と好相性の戸崎圭太騎手。今度こそ勝ち切って、秋の最大目標エリザベス女王杯に向かいたい。

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンスの画像2
デゼル 競馬つらつらより

 マジックキャッスルと同じデアリングタクト世代のデゼル(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)は、3戦連続となる川田将雅騎手とのコンビで臨む。

 これまで東京コースは「2-0-0-2」だが、1800mに限ればスイートピーS(L)と初音S(3勝クラス)を快勝した得意な舞台だ。

 昨年のオークスで2番人気に支持された素質馬は、今年4月の阪神牝馬S(G2)で重賞初制覇。続くヴィクトリアマイルでは4番人気の支持を受けたが、勝ったグランアレグリアから0秒9差の8着に敗れた。ただし2着ランブリングアレー、3着マジックキャッスルとの差は0秒2と2着以下との力関係はほぼ互角だったといえるだろう。

 今回は5か月ぶりの実戦となるが、先月30日(木)の2週前追い切りでは、栗東坂路でこの日の2番時計となる51秒1を記録。1週前の栗東CWでは3頭併せで再先着を果たすなど調整は順調。ただし、3か月以上の休み明けは4着、3着と連を外しており、レース当日の気配は気になるところだ。

 ジェンティルドンナの全妹、ドナアトラエンテ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が4戦ぶりにC.ルメール騎手とコンビを再結成してエリザベス女王杯の権利獲りを狙う。

 その血統背景もあってデビュー前から大きな期待をかけられてきたが、オープン入りしたのは5歳となった今年1月だった。その後は、牝馬限定重賞で9着、2着、11着。唯一好走したのは新潟1800mで行われた福島牝馬S(G3)だった。

 デビューから左回りコースを主体に使われ、実際に右回りの「1-1-0-2」に比べると、左回りでは「3-4-1-0」と結果を残している。「3-3-0-0」と相性抜群のルメール騎手が配された今回は、重賞初制覇の大チャンスといえるだろう。

 ドナアトラエンテと同じ5歳のアンドラステとシャドウディーヴァも侮れない。

 アンドラステ(牝5歳、栗東・中内田充正厩舎)は、2走前の中京記念(G3)で待望の重賞制覇を飾った。しかし、前走・関屋記念(G3)は道中の位置取りがやや後ろすぎたか、キレ負けする形で8着に敗れ、巻き返しを図る。

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンスの画像3

 昨年このレースで2着に入ったシャドウディーヴァ(牝5歳、美浦・斎藤誠厩舎)は東京巧者としても知られる。この1年間は好走と凡走を交互に繰り返しており、パターン通りなら今回は好走する番。福永祐一騎手を背に重賞初制覇を狙う。

 この他には、重賞2勝の実績馬マルターズディオサ(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎)、M.デムーロ騎手への乗り替わりで勝負気配が漂うミスニューヨーク(牝4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)の4歳馬2頭も一発の可能性を秘めている。

 古馬牝馬の今後を占う重要な一戦を制するのはどの馬か。発走は16日15時45分予定となっている。

JRA【府中牝馬S(G2)展望】戸崎圭太マジックキャッスルVS川田将雅デゼルが一騎打ち! ドナアトラエンテはC.ルメールとコンビ復活で重賞初Vのチャンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  3. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  4. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  5. セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは“安田記念を見切った格下馬”の激走に要注意!
  6. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?
  7. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  8. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活
  9. タガノエルピーダ×M.デムーロ「新タッグ」でオークスヘ!「タイトルを獲得したいものと夢見ております」悲願の初G1制覇目指す名オーナーの希望となれるか
  10. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか