NEW

JRA有馬記念(G1)クロノジェネシス、エフフォーリア「二強ムード」もお宝馬券ゲットのチャンスあり! 消したら後悔する「とっておき」の穴馬はこれだ

【この記事のキーワード】, ,
JRA有馬記念(G1)クロノジェネシス、エフフォーリア「二強ムード」もお宝馬券ゲットのチャンスあり! 消したら後悔する「とっておき」の穴馬はこれだの画像1
クロノジェネシス

 先週は、武豊騎手がついに悲願の朝日杯FS(G1)制覇を達成。JRA・G1全制覇にあと1レースと王手をかけたレジェンドの活躍で週末の競馬を大いに盛り上げた。

 そして今週末には中央競馬1年の総決算、有馬記念(G1)が中山競馬場で行われる。

 出走馬の顔触れを見てみると、勝てば史上初となるグランプリ4連覇を狙うクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)と、皐月賞と天皇賞・秋のG1・2勝を挙げ、3歳世代の筆頭格であるエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)の2頭が断然の人気を集めそうだ。

 歴代の有馬記念勝ち馬を振り返ってみても、その年の実力馬が名を連ね、比較的人気馬がきっちりと勝ちきっている年が多いように見受けられる。実際、過去10年で1番人気が最多6勝、2.3.4番人気がそれぞれ1勝。8番人気が1勝と、上位人気に支持された馬の勝率が極めて高いレースといえる。

 この結果を考えると、年末に一発デカい馬券を当ててやろうと息巻く穴党には出番なしかと思いきや、諦めるにはまだ早い。

 過去の傾向を馬券圏内の3着まで広げてみると、8番人気以下の穴馬が3着以内に来たケースが過去10年で7回もあるのだ。組み合わせ的には馬券圏内の3頭の内2頭は上位人気馬が入り、もう1頭は8番人気以下の穴馬が食い込むのが近年の有馬記念で高配当のトリガーとなっている。

 さらに3連単の配当でも、1万円以下の払い戻しとなった年は2回だけで、平均払い戻し額は5万円を超えている。

 勝ち馬だけを見ると一見堅そうに感じられる有馬記念だが、馬券全体としては意外と高配当を狙えるレースといえるかもしれない。

 そこで今年の出走メンバーを見渡してみたところ、絶好の穴になりそうな面白い馬が見つかったので注目してみたい。

JRA有馬記念(G1)クロノジェネシス、エフフォーリア「二強ムード」もお宝馬券ゲットのチャンスあり! 消したら後悔する「とっておき」の穴馬はこれだの画像2
アサマノイタズラ 撮影:Ruriko.I

 白羽の矢を立てたのは、人馬共に中山巧者のアサマノイタズラ(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)だ。ハイレベルと評判の3歳世代を裏付けたのが、9月のセントライト記念(G2)だろう。このレースで2着に負かしたソーヴァリアントが、次走のチャレンジカップ(G3)で古馬相手に完勝。また同じくセントライト記念で下したオーソクレースも、菊花賞(G1)で2着と好走している点は高く評価出来る。

 また、アサマノイタズラ自体も中山で2勝と良績があり、それに加えて鞍上の田辺裕信騎手は通算成績で勝率、連対率、複勝率いずれも中山が全競馬場の中でトップ。穴党の間では「中山でこその田辺」として知られている。16頭立ての最低人気だったコパノリッキーで制し、大波乱の立役者となった2014年のフェブラリーS(G1)では、3連単約95万馬券も演出した。それ以外でもアッと驚く穴馬で重賞を勝利するケースも多く、意外性のある騎乗にも定評がある騎手だ。

JRA有馬記念(G1)クロノジェネシス、エフフォーリア「二強ムード」もお宝馬券ゲットのチャンスあり! 消したら後悔する「とっておき」の穴馬はこれだのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  4. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. JRAシルクロードS「絶対買うべき馬」を総チェック!寒い時期の絶好調馬で一発あり! 川田・武豊・ルメール不在で中堅若手騎手に絶好のアピールチャンス
  9. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  10. JRAエピファネイア「ハーレム」が凄過ぎる! グランアレグリアの初仔も誕生、トップクラスの「女傑独占」に羨望の声続々