GJ > 競馬ニュース > 武豊「とにかく乗り味がいい」G1級の大器がついに復帰! 名門厩舎の「こだわりローテ」でクラシック参戦?
NEW

JRA 武豊「とにかく乗り味がいい」G1級の大器がついに復帰! 名門厩舎の「こだわりローテ」でクラシック参戦?

【この記事のキーワード】, ,
JRA 武豊「とにかく乗り味がいい」G1級の大器がついに復帰! 名門厩舎の「こだわりローテ」でクラシック参戦?の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 2022年の中央競馬がいよいよ開幕。明け3歳のクラシック路線は暮れの2歳G1を勝ったドウデュースとキラーアビリティ、牝馬はサークルオブライフが中心となって引っ張って行くことになりそうだ。

 そんな中、昨年11月の京都2歳S(G3)を1番人気で6着に敗れたトゥデイイズザデイ(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)の次走が、今月16日に中京競馬場で開催される梅花賞(1勝クラス)になることが分かった。鞍上は過去2戦と同じ武豊騎手を予定している。

 同馬は前走で敗れた後、出走を予定していたホープフルS(G1)を回避。管理する池江師はその理由について、「ピリピリとした面があった」と話しているが、現在は落ち着きを取り戻しており、既に栗東に帰厩済みだという。

 池江厩舎×武豊騎手のコンビは、昨年の梅花賞もディープモンスターで制している。また、武騎手にとっても過去4年で3勝している相性のいいレースでもあり、優勝した昨年に続く連覇が期待できそうだ。

 新馬戦で2着に負かしたジャスティンロックは、前述の京都2歳Sを制して重賞ウイナーになった。トゥデイイズザデイもここで結果を残して、再びクラシック路線に乗ることができるだろうか。

 なお今回、好結果が出れば、次はすみれS(L)が候補として挙がってきそうだ。

 というのも池江厩舎は近年、春クラシックのステップとしてすみれSを使うことが多く、18年以降はキタノコマンドール、サトノルークス、ディープモンスターの3頭が、このレースをステップに皐月賞(G1)へと駒を進めている。

 過去4年で3勝という抜群の相性も然ることながら、この舞台から本番へ挑むというローテーションに、何か強いこだわりを持っているのかもしれない。

 ちなみに池江厩舎は17年の皐月賞でワンツーを決めたが、勝ったアルアインは毎日杯(G3)からの参戦。2着ペルシアンナイトの前走はアーリントンC(G3)だった。非トライアルで賞金を積んで、本番で結果を出すのは、ある意味で真骨頂でもある。

「すみれSは、過去にキングカメハメハとフサイチコンコルドといった2頭のダービー馬をはじめ、重賞3勝で種牡馬入りしたリンカーン、近年でもクリンチャーなどを輩出している隠れた出世レースでもありますね。

昨年ディープモンスターで勝った際、乗っていた武騎手はレース後、『これで賞金的にクラシックは大丈夫でしょう』とのコメントを残していました。早めに収得賞金を確保して、余裕を持って春の二冠に臨むというのも狙いの1つとしてあるでしょう」(競馬誌ライター)

 トゥデイイズザデイは新馬戦を勝った後、武騎手が「とにかく乗り味がいいし、能力を感じる」と語ったほどの大器。また、コントレイルが引退したノースヒルズの次期エース候補でもある。クラシックでその雄姿を目にするためにも、梅花賞は負けられない舞台となりそうだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA 武豊「とにかく乗り味がいい」G1級の大器がついに復帰! 名門厩舎の「こだわりローテ」でクラシック参戦?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」