GJ > 競馬ニュース > コントレイル「全弟」が早くも崖っぷち!? クラシックどころかダートでも鳴かず飛ばず、兄の種牡馬としての評価にも黄色信号か
NEW

JRAコントレイル「全弟」が早くも崖っぷち!? クラシックどころかダートでも鳴かず飛ばず、兄の種牡馬としての評価にも黄色信号か

【この記事のキーワード】, ,
JRAコントレイル「全弟」が早くも崖っぷち!? クラシックどころかダートでも鳴かず飛ばず、兄の種牡馬としての評価にも黄色信号かの画像1
コントレイル

 2020年にディープインパクト以来となる牡馬クラシックで無敗の三冠を達成し、昨年のジャパンC(G1)で有終の美を飾ったコントレイル

 その全弟として大きな注目を集めていたサンセットクラウド(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が、早くも窮地に陥っている。

 同馬は先月30日に行われた東京2R・3歳未勝利戦(ダート2100m)に出走し、5着と敗戦。これでデビューから3戦未勝利となった。

 昨年10月の新馬戦(芝1800m)では、後のフェアリーS(G3)勝ち馬のライラックに敗れ5着。そして、2戦目の2歳未勝利戦は阪神の芝1800mに出走し4着と、いずれも掲示板が精一杯だった。また、レース内容も走破時計、上がりタイムともに平凡で、見せ場は乏しかった。

 すると3戦目の今回、突如これまでとは大きく条件の異なるダート2100m戦に出走。言わずもがな、芝のレースで大活躍したコントレイルの全弟である事を考えれば意外な選択だった。

 レースは道中、中団後方で追走するまずまずの展開。勝負所の4コーナー過ぎでは、一瞬これはと思わせる加速で先団に取り付く脚を見せる。しかし直線では伸びを欠き、勝ち馬とは1.4秒差の5着と敗戦。兄バーンフライ、姉のアナスタシオはダートでの勝ち鞍があり、母系はアメリカのダート血統であるため、ダートで一変を期待されたが、残念な結果に終わってしまった。

 3戦いずれも掲示板は確保しており、堅実さがあると言えば聞こえは良いが、どのレースも勝ち馬からは離された完敗。未勝利クラスにおいては、まず1つ勝つ事が重要で、善戦している間にも、未勝利戦開催期間終了のタイムリミットは残り半年というところまで近づいてきている。偉大な兄の背中を追って、クラシックでの活躍も期待される同馬にとっては、ますます苦しい状況となっている。

 振り返ると、デビュー戦後には管理する矢作調教師、鞍上の福永祐一騎手ともに、同馬の素質は評価しながらも、良くなるのはまだ先で成長待ちといったコメントを残していた。ただ、そのデビュー戦からは4ヶ月近くが経っている。未勝利戦はまだあるとはいえ、クラシックへ向かう馬が使うケースはほとんど皆無といえるダート長距離戦への出走には陣営の焦りも垣間見える。2000年以降の三冠馬、ディープインパクトとオルフェーヴルの全兄弟でデビューした馬は全7頭いるが、その内の6頭が勝ち上がっており、同じ三冠馬コントレイルの弟としては陣営にもプレッシャーがかかるだろう。

 また、ディープインパクトにはブラックタイド、オルフェーヴルにはドリームジャーニーと、それぞれ実力のある兄弟がいる。失敗が許されない新種牡馬コントレイルにとっても、今後の活躍を占う上で、弟の活躍は気になる所かもしれない。

 とはいえコントレイルの相棒だった福永騎手も間もなく復帰を控える。再びコンビを組むことになればサンセットクラウドにとって追い風になるだろう。エリートだった兄とは違い、苦労人の弟がこれからどんな走りを見せてくれるのか期待したい。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

JRAコントレイル「全弟」が早くも崖っぷち!? クラシックどころかダートでも鳴かず飛ばず、兄の種牡馬としての評価にも黄色信号かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野