GJ > 競馬ニュース > 日本ダービー(G1)3着アスクビクターモア妹が武豊騎手でデビュー! サイレンススズカ「コンビ」が描く新たな夢
NEW

JRA日本ダービー(G1)3着アスクビクターモア妹が武豊騎手でデビュー! サイレンススズカ「コンビ」が描く新たな夢

【この記事のキーワード】, , ,
JRA日本ダービー(G1)3着アスクビクターモア妹が武豊騎手でデビュー! サイレンススズカ「コンビ」が描く新たな夢の画像1
武豊騎手

「ケガで騎手をやめてから、一所懸命勉強を頑張っていた姿を知っているだけに、心からおめでとうを言いたいですね」(武豊公式ホームページより)

アスクビクターモア妹が武豊騎手でデビュー!

 あれから5年、盟友と大きな夢を見る時が来たのかもしれない。13日、札幌競馬場で行われる新馬戦(芝1500m)でシャルラハロート(牝2歳、栗東・上村洋行厩舎)が、武豊騎手とのコンビでデビューを迎える。

 兄に今春の弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝ち、日本ダービー(G1)でも3着に善戦したアスクビクターモアを持つ良血馬。だが、兄の父がディープインパクトであることに対して、妹はダイワメジャー産駒。1500mでデビューするように、今後はマイルが主戦場になりそうだ。

「追い切りでそこまで目立った時計は出ていませんが、入念に乗りこまれているのでデビュー戦から期待できると思います。ダイワメジャー産駒ということで、兄のように距離をこなすことはできないかもしれませんが、姉のケマー(父Danehill Dancer)は欧州でマイルG1を2勝するなどの名マイラー。タイプ的には、姉に近いかもしれません。

母父がRainbow Questという欧州血統が特徴ですが、過去のダイワメジャー産駒にもレシステンシアやメジャーエンブレム(共に阪神ジュベナイルF勝利)、シゲルピンクダイヤ(桜花賞2着)といった成功例もありますし、来年の桜花賞(G1)やNHKマイルC(G1)を意識できるようなレースを期待したいですね」(競馬誌ライター)

 シャルラハロートを管理する上村洋行調教師といえば、騎手時代の活躍を記憶しているファンも多いはずだ。

 G1勝利こそスリープレスナイトのスプリンターズS(G1)だけだが、デビューイヤーに40勝して新人王を獲得するなど早くから活躍。3年目の日本ダービー(G1)では2番人気のナムラコクオーに騎乗したものの、三冠馬ナリタブライアンに歯が立たなかったことは名シーンの1つだ。

 また、デビュー3年以内で100勝を達成した騎手は武豊騎手や福永祐騎手、川田将雅騎手など数名しかいないが「デビュー3年以内でも100勝以上の騎手は減量されない」というJRAの規則に初めて対象となった騎手としても有名である。

 そんなエリート街道を歩んでいた上村騎手だったが、眼の病気を患ってしまい徐々に成績が低迷……。4度の手術を経て回復には至ったものの2014年に志半ばで騎手を引退し、調教師になる決意を固めた。

 自身のブログでは、調教師になるべく「現役を引退してからというものの、調教の合間に厩舎で勉強、家に帰ってからも勉強の日々」だったと振り返り、毎日約8時間は机に向かっているなど努力を重ねていたという。2017年に調教師試験をパスした際は、武豊騎手も「(合格者に)上村洋行君の名前があったのはうれしかった」と公式ホームページで名前を挙げて喜びを綴っている。

 上村騎手と武豊騎手といえば、非業の最期を遂げるサイレンススズカのストーリーがあまりに有名だ。詳細はここでは割愛させていただくが、良血馬シャルラハロートが2人に新たな夢を抱かせるような活躍をすることを楽しみに待ちたい。

銀シャリ松岡

銀シャリ松岡

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA日本ダービー(G1)3着アスクビクターモア妹が武豊騎手でデビュー! サイレンススズカ「コンビ」が描く新たな夢のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  7. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  8. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  9. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  10. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分