GJ > 競馬ニュース > JRA新潟記念、名馬ブラヴァスと大魔神の絆。過去10年万馬券決着、今年の展望
NEW

JRA新潟記念、名馬ブラヴァスと大魔神の絆。過去10年万馬券決着、今年の展望

【この記事のキーワード】, ,
JRA新潟記念、名馬ブラヴァスと大魔神の絆。過去10年万馬券決着、今年の展望の画像1
夏競馬を締めくくる新潟記念を目一杯楽しもう!

■夏競馬もいよいよフィナーレ

 この週末はJRAの夏競馬を締めくくる伝統の一戦、新潟記念(G3)と小倉2歳S(G3)が行われる。新潟記念は過去10年すべて万馬券決着で、そのうち3連単の10万馬券はなんと6回。半分以上が10万馬券で決着しているのだから、夏競馬を代表する難解なレースだ。小倉2歳Sには新人女性騎手の今村聖奈がミカッテヨンデイイに騎乗する。CBC賞(G3)に続く重賞制覇となれば、秋のG1騎乗に向けて大きな後押しとなるだろう。

 この2レースを比較するとレースの関心は小倉2歳Sが高いが、馬券的な関心は新潟記念の方が高そうだ。今年も混戦と言えるメンバー構成で、どこから手を入れればいいのかわからないほど。過去も同様のレースがあったが、中でも2020年の新潟記念は今年と似たような雰囲気といえるかもしれない。

 同レースを勝利したのは良血馬ブラヴァス。父キングカメハメハ母ヴィルシーナ(母父ディープインパクト)という血統で、オーナーは大魔神こと佐々木主浩氏。佐々木氏は日本のプロ野球で通算252セーブを達成、メジャーリーグでも新人王を受賞し通算381セーブを記録。今の日本人メジャーリーガーといえば大谷翔平選手が話題を独占しているが、イチロー選手と並び佐々木氏の存在はレジェンド級だ。選手引退後に馬主となり、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル2連覇)、ヴィブロス(秋華賞、ドバイターフ)、シュヴァルグラン(ジャパンC)といった名馬を所有しビッグレースを勝利。通算12度目(※ヴィブロスのドバイターフを含む)の重賞勝利がこの新潟記念であった。

 当時の新潟記念は1番人気ワーケアが単勝4.3倍で抜けた人気になく、最低18番人気でも単勝100倍未満と混戦レース。ゴール前、逃げるジナンボーを福永祐一騎手渾身の騎乗でブラヴァスが差し切ったが、まさに大接戦で、10回レースをすればすべて異なる結果になったのではと思わせるほど。

 今年の新潟記念も同様に難解な出走メンバーが揃っており、簡単に的中できるようなものではない。であるならば、ここは競馬予想に必要な【データ・情報・血統・プロの見解・馬主の視点】を無料でチェックできる競馬もりあげサイトの「うまスクエア」を活用し、新潟記念の予想、そして新潟記念を目一杯楽しむのはいかがだろうか。

 そんな都合のいいサイトがあるのかと感じるかもしれないが、実際に存在するのである。「うまスクエア」はファンにとって必見ともいえる様々なコンテンツが用意されており、どんなファンも飽きることなく永久的に楽しめるサイト。しかもそれらのコンテンツがすべて無料なのだ。中でも多くのユーザーから圧倒的支持を集めているコンテンツを紹介しよう。

 最初に紹介するのは【カンタン即実践!1分BOX予想】。

 馬券の締め切りまであと数分といった状況において、軸馬を決め、相手を選び、買い方をまとめ、金額を計算して購入するのは手間がかかる。しかしこのボックス予想はシンプルに購入する馬番を選ぶだけ。高い的中率と穴馬次第で好配当も狙える。しかもうまスクエアの場合は『コース・騎手・距離・血統・穴気配』といった5つのNo.1をまとめて買うボックス予想法なので、その選び方に筋が通っており信頼性は高い。例えばエルムS(G3)では馬連5340円を的中させ、高松宮記念(G1)ではワイド4万170円の4万馬券を的中といった実績もある。困った時はこのボックス予想で万事解決となりそうだ。

JRA新潟記念、名馬ブラヴァスと大魔神の絆。過去10年万馬券決着、今年の展望の画像2
高松宮記念では超大穴馬キルロードを抜擢!

 さらにじっくり重賞レースをチェックしたいのであれば【重賞完全攻略ファイル】がオススメだ。

 このコンテンツの特徴はレースの分析に必須の『データ、実績、追い切り』を検証し、あらゆる角度から買える穴馬や危ない人気馬をピックアップするもの。ただ単にレースで買う馬を知るだけでなく、その過程をじっくり読むことで競馬に対する知識が深まり、読者の競馬力がグンとアップすることは間違いない。

 次にリアルな現場情報を伝える【馬券情報・最前線】も要チェックだ。

 馬の能力だけでなく調教師や騎手の思惑や事情が、時に馬券のヒントとなるケースがある。「うまスクエア」は様々なスタッフと協力関係にあり、例えば美浦の情報ブレーンや関西の事情通から様々な内部事情が届けられる。それはネット上で検索しても出てこない情報であり、テレビやスポーツ紙などメディアに出回らない思惑の真相もある。マスコミ視点では気付かない競馬の裏側に触れることができるのはポイントが高い。関屋記念(G3)を制した三浦皇成騎手の思惑、今村聖奈騎手が重賞初騎乗初制覇となったCBC賞(G3)の乗り替わり経緯などは、バックナンバーで読むことができるので、ぜひチェックしておいてほしい。そして当然のことながら、週末の新潟記念や小倉2歳Sに関しても、どんな情報が公開されるのか興味深いところ。こちらも忘れずにチェックしておこう。

JRA新潟記念、名馬ブラヴァスと大魔神の絆。過去10年万馬券決着、今年の展望の画像3
うまスクエアならではの情報が詰まっている

 さらに2020年の新潟記念をブラヴァスで制した佐々木氏のうまスクエア限定コラム【大リーグボール22号】も必見。毎週公開される裏話や予想は読みごたえがあり、新潟記念を制したブラヴァスとの絆や裏話も読めるかもしれない。

 そして血統評論家・境和樹氏の【穴馬券ネオメソッド】も忘れずにチェックしたいコンテンツ。

 境氏は合格率2.8%の司法書士試験を合格した経歴を持つ、新進気鋭の血統予想家。最近はラジオ日本の日曜競馬実況中継(AM1422kHz)でメイン解説を担当するなど人気も急上昇。難しい血統をわかりやすく解説し、初心者でも血統に詳しくなれるのがポイント。この夏も関屋記念で12番人気2着のシュリを推奨しているように、その実力も確かだ。

 以上が完全無料の競馬ポータルサイト「うまスクエア」を代表するオススメのコンテンツだ。しかしこれらは「うまスクエア」にある全コンテンツの一部であり、他にも競馬をさらに楽しむためのコンテンツが山盛りとなっている。実際にサイトに訪れて、その魅力を余すところなく味わってほしい。

 なお「うまスクエア」はメールアドレス以外の個人情報が不要という、安心安全の競馬ポータルサイト。数分の作業で全コンテンツが利用できるので、週末の新潟記念や来週から始まる秋競馬に向けて、隅から隅までチェックし、競馬を楽しむとともに競馬の知識力そして馬券力を高めてほしい。

CLICK→【1分BOX予想・重賞完全攻略ファイルなど全て無料公開!】うまスクエア

※本稿はPR記事です。

JRA新潟記念、名馬ブラヴァスと大魔神の絆。過去10年万馬券決着、今年の展望のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野