GJ > 競馬ニュース > 菊花賞(G1)出走ラインじわり上昇…ジャックドール弟ら「除外危機」に直面も
NEW

菊花賞(G1)出走ラインじわり上昇…ジャックドール弟ら「除外危機」に直面も

【この記事のキーワード】, ,
菊花賞(G1)出走ラインじわり上昇…ジャックドール弟ら「除外危機」に直面もの画像1
ジオグリフ

 エフフォーリアやシャフリヤールがいなかった昨年に続き、今年の菊花賞(G1)も少し小粒なメンバーとなりそうだ。

 皐月賞(G1)を制したジオグリフは天皇賞・秋(G1)を目標に、日本ダービー馬のドウデュースは凱旋門賞(仏G1)を目標に調整が進められている。さらに両レースで2着に入ったイクイノックスも天皇賞・秋での始動を予定。つまり今年の菊花賞は、春の二冠レースで連対した馬が不在となるわけだが、逆に言えば、例年以上に多くの馬にチャンスがあると考えてもいいだろう。

 現時点で中心視されているのは、ダービー3着のアスクビクターモアと同5着のプラダリアか。ただし両馬ともパンチ力不足な点は否めない。一方で、春のクラシックには参戦できなかったものの、春以降の自己条件戦で結果を残した上がり馬も少なくない。

 強いて名前を3頭挙げるとすれば、ドゥラメンテ産駒でジャックドールの半弟ディナースタ、同じくドゥラメンテ産駒のドゥラドーレス、そしてハーツクライ産駒のセレシオンがこれに該当する。

菊花賞(G1)出走ラインじわり上昇…ジャックドール弟ら「除外危機」に直面もの画像2
ドゥラドーレス 撮影:Ruriko.I

 3頭はいずれも8月のローカルで2勝クラスを勝ち上がっているが、ディナースタとセレシオンは菊花賞直行が濃厚。もう1頭のドゥラドーレスもトライアルを挟むか直行の2択という状況だ。

2勝クラス勝ちでも菊花賞出走は間違いないか…

 春のクラシック上位組がそろって回避するため、2勝クラス勝ちの収得賞金1500万円組でも菊花賞出走は間違いないか……。そう思って調べてみたところ、実際は抽選になる可能性が高そうだ。

「近年は毎年のように春のクラシック上位陣の回避が相次ぎ“寂しいレース”の印象がある菊花賞ですが、実は2006年以降ずっとフルゲートで行われているなど、決して人気がないレースではありません。現状、中には出否が未定の馬もいますが、菊花賞に駒を進めそうな収得賞金1500万円超の馬が12頭ほどいます。フルゲートは18頭なので、残り6頭が出走可能ということになります。

1500万円組の中で、名前が挙がった3頭以外に菊花賞を狙っていそうなのはヴェローナシチー、ボルドグフーシュ、ブラックブロッサムなど。編集部調べでは現時点で7分の6の抽選となりそうです。

ただ、この中には菊花賞トライアルに出走する馬もいますし、1勝クラス勝ちの収得賞金900万円組の馬もトライアルで権利獲りを狙っています。神戸新聞杯(G2)とセントライト記念(G2)の結果次第ですが、菊花賞のボーダーラインは上がることはあっても下がることはないでしょう」(競馬誌ライター)

 900万円組の中にはボーンディスウェイやサトノヘリオスなどクラシック経験馬に加え、ローシャムパーク、ガイアフォースなどの素質馬もスタンバイ。これらの馬がトライアルで好走すれば、ボーダーラインが急上昇し、ディナースタやセレシオンの出走が危ぶまれる事態になるかもしれない。

 本番まで2か月弱。今年の菊花賞はゲートインさえすれば、どの馬にもチャンスがありそうな雰囲気が漂うだけに、菊直行を選択した陣営は祈るような気持ちだろう。

中川大河

中川大河

競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

菊花賞(G1)出走ラインじわり上昇…ジャックドール弟ら「除外危機」に直面ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」