NEW

【ステイヤーズS(G2)展望】タイトルホルダーに“肉薄”!? あのお騒がせ馬が復帰

【ステイヤーズS(G2)展望】タイトルホルダーに肉薄!? あのお騒がせ馬が復帰の画像1
シルヴァーソニック 撮影:Ruriko.I

 JRAの平地競走で最も距離が長い重賞、ステイヤーズS(G2)が12月3日に中山競馬場で行われる。

 中山名物の直線坂下からスタートし、内回りコースをぐるりと2周する年に1度のマラソンレースを制するのは果たしてどの馬か。早速展望していこう。

 近4走すべてが3000m以上というシルヴァーソニック(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)。その起点となったのが昨年の当レースで、3着に好走していた。

 その後も万葉S(OP)でマカオンドールの3着、阪神大賞典(G2)はディープボンドの3着と長距離戦で安定した走りを披露。長距離界の“ブロンズコレクター”と呼ばれ始めた矢先にアクシデントに見舞われる。

 それが8番人気で迎えた天皇賞・春(G1)。スタート直後に躓くと、鞍上の川田将雅騎手が落馬して競走中止となってしまった。カラ馬となったシルヴァーソニックは止まることなく、そのまま3200mを“完走”。タイトルホルダーに次ぐ“2位”でゴールを通過した。

 アクシデントはさらに続く。レース後には勢い余って外ラチを飛越すると、背中から派手に転倒。ただし、大きなケガはなく、その後は目黒記念(G2)を視野に入れていた。ところが追い切り後に歩様が乱れたため回避。その直後には骨膜が出てしまい、休養に入っていた。

 アクシデント続きのシルヴァーソニックが始動戦に選んだのはアルゼンチン共和国杯(G2)だった。ところが4分の2の抽選であえなく除外され、結局、紆余曲折を経てようやくここで実戦復帰が叶いそうだ。

 鞍上にはD.レーン騎手が配され、半年以上に及ぶ鬱憤を晴らしたいところだろう。

【ステイヤーズS(G2)展望】タイトルホルダーに肉薄!? あのお騒がせ馬が復帰の画像2
ユーキャンスマイル

 ユーキャンスマイル(牡7歳、栗東・友道康夫厩舎)は重賞3勝の実績馬。うち2勝が3000m以上の長距離戦だが、ステイヤーズSは初出走となる。

 20年の阪神大賞典を最後に勝利からは遠ざかっているが、今年9月の新潟記念(G3)で2着に追い込み、健在ぶりをアピール。前走・アルゼンチン共和国杯は後方から末脚に懸けたが、直線で他馬に寄られる不利もあり消化不良の7着に終わった。

 今回もいつも通り後方からの競馬が濃厚で、道中しっかり脚をためて、自慢の切れ味を発揮できるか。鞍上は2走前の新潟記念を2着に導いた石橋脩騎手が引き続き騎乗する。

【ステイヤーズS(G2)展望】タイトルホルダーに“肉薄”!? あのお騒がせ馬が復帰のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補