GJ > 競馬ニュース > C.デムーロが「有言実行」のリベンジ成功!武豊は7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?
NEW

C.デムーロが「有言実行」のリベンジ成功!武豊は7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?

【この記事のキーワード】, ,
C.デムーロが「有言実行」のリベンジ成功!武豊は7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?の画像1
C.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

 26日に行われた阪神1R(2歳未勝利)では、C.デムーロ騎手が騎乗したジョヴィアン(牡2歳、栗東・奥村豊厩舎)が勝利。好スタートから早々とハナを奪うと一度も先頭を譲ることなく、最後の直線ではぐんぐんと後続を突き放してゴール。単勝1.7倍の圧倒的な支持に応える、7馬身差の完勝であった。

 ジョヴィアンは19日の阪神6R(2歳新馬)でデビュー戦を迎えたが2着。騎乗していたC.デムーロ騎手は「1400mも若干忙しいと思います。それでもポテンシャルのある馬ですし、次はガラッと変わってくると思います」とコメントを残しており、1800m戦になった今回はパフォーマンスが上昇。連闘だったが、先週の悔しさを晴らす初勝利を飾って見せた。

 C.デムーロ騎手としては、まさに有言実行といえる勝利。納得のいくレースとなったはずだ。その一方で、この勝利を複雑な心境で見届けたと思われるのが、武豊騎手である。

7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?

 武騎手は2番人気のフィッシュポンドに騎乗していたが、ジョヴィアンに7馬身突き放されての2着。好位から抜け出すスムーズなレース運びを見せていただけに、レベルの違った勝ち馬の存在は不運だった。

 ただ同時に、このジョヴィアンの勝利は武騎手にとって朗報になるかもしれない。実は先週の新馬戦でジョヴィアンを2馬身半差で捻じ伏せたのが、武騎手が手綱を握ったスマートフォルスだったからだ。

 そのスマートフォルスの次走は12月18日に中京競馬場で行われる寒椿賞(2歳1勝クラス)が予定されている。ここを勝利すれば重賞も視野に入るだけに、陣営も力が入っているはずだ。同日には阪神で朝日杯FS(G1)が行われるが、レジェンドの姿を中京で見られるかもしれない。

C.デムーロが「有言実行」のリベンジ成功!武豊は7馬身差惨敗も「悲喜こもごも」!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル