NEW

福永祐一「13年ぶり」陥落目前の危機…かつての相棒が活躍も自身は空回り

【この記事のキーワード】, ,
福永祐一「13年ぶり」陥落目前の危機…かつての相棒が活躍も自身は空回りの画像1
福永祐一騎手 撮影:Ruriko.I

 27日、東京競馬場で行われたジャパンC(G1)はR.ムーア騎手騎乗のヴェラアズールが勝利。これで10月末に短期免許の外国人騎手が来日して以降、G1レースは外国人ジョッキーの4連勝となった。

 そのジャパンCでは日本馬が掲示板を占め、凱旋門賞(仏・G1)のリベンジを果たしたが、同日の勝利騎手に目をやると、12レース中8レースが外国人騎手の勝利と“騎手版ジャパンC”は海外勢の圧勝に終わっている。

 とはいえ、当日の東京競馬場では10人もの外国人騎手が騎乗していた。全12レースの人気馬(3番人気以内)36頭の内19頭が外国人ジョッキーの騎乗馬で、そんな中4勝を挙げた日本人騎手にも敬意を評したいところだ。

 一方、裏開催の阪神競馬場で騎乗していたのが福永祐一騎手だ。秋競馬の中距離路線は、シャフリヤールと天皇賞・秋(G1)で騎乗する可能性もあったが、最終的にジオグリフとコンビを組んだ。

 シャフリヤールの鞍上にはC.デムーロ騎手が収まり、ジオグリフも天皇賞の後は香港C(G1)への転戦が決まったため、福永騎手はジャパンCの騎乗馬なしとなってしまっていた。

 そういった事情もあって裏開催の阪神で騎乗していた福永騎手だが、6Rの新馬戦(芝2000m)では1番人気のハーパーに騎乗したものの、結果を残せなかった。

 ゲートを決めて絶好のポジションから進めたが、4角で先頭付近まで並びかけようとした際、外に大きく膨れてしまうロス。直線では再び伸びを見せて勝ち馬のクビ差まで迫るも2着まで。この日唯一の1番人気馬で惜敗を喫した。

 10番人気キルロードに騎乗した京阪杯(G3)はゴール前でトウシンマカオに差し切られてこちらも2着。人気以上の好結果ではあったが、JRA重賞36連敗からの脱出も懸かっていただけに、悔しさが上回っているかもしれない。

 結局、福永騎手は土日合わせて12鞍に騎乗しながら2着2回で未勝利に終わった。中々悪い流れを抜け出せない週末となったが、2022年の年間成績でも“窮地”に立たされているという。

「13年ぶり」陥落目前の危機…

「裏開催での騎乗は決して本意ではなかったでしょうが、福永騎手にとっては大きなチャンスでもありました。現在のリーディングは94勝の第6位。今週4勝を挙げ、101勝で第5位のC.ルメール騎手とは大きく差が開いてしまいましたね。

安定感がウリの福永騎手は現在12年連続でリーディング5位以内をキープしています。残り1ヶ月での7勝差は厳しいところです。下からは岩田望来騎手、坂井瑠星騎手といった若手も追い上げてきており、ラストスパートの爆発力が求められるでしょう」(競馬誌ライター)

 ジャパンCでワンツーを決めたヴェラアズールとシャフリヤールは福永騎手が新馬戦の鞍上を務めた馬で、特にシャフリヤールはともにダービーを制した相棒だ。彼らが大舞台で躍動する陰で、自らは勝ち星を積み上げることができなかった。

 今週のチャンピオンズC(G1)では人気の一角・クラウンプライドに騎乗し、G1の舞台へ戻ってくる福永騎手。リーディング5位の奪取と、重賞の連敗ストップという2つの命題を背負った師走の戦いで、ベテランの意地が見られるか注目だ。

福永祐一「13年ぶり」陥落目前の危機…かつての相棒が活躍も自身は空回りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補