NEW

【香港スプリント展望】池添謙一「無念」メイケイエール代役は世界No.1騎手!

【この記事のキーワード】, ,
【香港スプリント展望】池添謙一「無念」メイケイエール代役は世界No.1騎手!の画像1
ナランフレグ 撮影:Ruriko.I

 11日、香港のシャティン競馬場で開催される香港国際競走。4つあるG1のうち、最も短い1200mの距離で争われるのが香港スプリント(G1)だ。今年は昨年よりも1頭多い、4頭の日本馬が出走を予定している。

 4頭の中でまず取り上げたいのが、今年の国内春秋スプリントG1を制した2頭である。

 8番人気で高松宮記念(G1)を制し、春のスプリント王に輝いたナランフレグ(牡6歳、美浦・宗像義忠厩舎)。重賞初勝利がなんとG1という快挙だった。

 高松宮記念の当日は内が伸びる馬場を最大限に生かした競馬で、フロック視する声も確かにあった。しかし、前走のスプリンターズS(G1)で3着に好走。周囲の雑音を見事にかき消している。

 スプリント戦におけるナランフレグの末脚はまさに堅実で、直線は必ずと言っていいほど上位争いに顔を出す。また、21年6月のTVh賞(OP)以降、芝1200mに限れば8戦連続で1分8秒0から1分8秒5の間で走破している。

 これはここ数年の香港スプリントの勝ちタイムとも一致しており、前崩れの展開になれば優勝も夢ではないだろう。

 スプリンターズSでナランフレグを下して、秋のスプリント王に輝いたのはジャンダルム(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 3歳春はクラシック路線、3歳秋以降はマイル路線を歩んでいたが、6歳になってスプリント路線に矛先を向けてきた。

 今年3月のオーシャンS(G3)で4年4か月ぶりの重賞勝利を遂げると、続く高松宮記念と北九州記念(G3)はどちらも2桁着順に大敗。スプリンターズSは8番人気まで評価を落としていたが得意の中山コースで見事に下馬評を覆した。

 イン前有利の馬場で2番枠からすんなり先行できたのも大きかったが、母の後押しもあったかもしれない。

 ジャンダルムの母ビリーヴはスプリンターズSと高松宮記念を勝利した快速牝馬だった。ただし、4歳秋にスプリンターズSを制し、臨んだ香港スプリントでは12着に大敗。20年の時を経て、その息子が母のリベンジを果たす絶好のチャンスを得た。

【香港スプリント展望】池添謙一「無念」メイケイエール代役は世界No.1騎手!の画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 G1勝利こそないが、現役馬では最多となるJRA重賞6勝のメイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)も虎視眈々と戴冠を狙う。

 前走のスプリンターズSでは、G2を2連勝中の勢いも買われて1番人気に支持された。ところが道中好位の4番手を進むも、いつもの手応えがなく直線で失速。勝ち馬から0秒9差の14着に惨敗している。

 敗因として挙がったのが久々の右回りと、レコード勝ちしたセントウルS(G2)から中2週のローテーションの2つ。シャティン競馬場では前走に続き右回りコースとなるが、2か月ぶりとなるレース間隔はプラスに出るか。

 右回り以上に大きな不安要素となり得るのが、じゃじゃ馬メイケイエールを見事に再生させた池添謙一騎手の乗り替わりだ。先日の阪神競馬で入線後に落馬し、骨折が判明。代打はJ.マクドナルド騎手が務める。

 もちろんテン乗りだけに不安が先行するが、マクドナルド騎手は先日2022年のロンジンワールドベストジョッキーに輝いたばかり。メイケイエールの気性難もかなり解消されてきているのは間違いなく、豪州の名手は急遽の代打起用に応えることができるか。

【香港スプリント展望】池添謙一「無念」メイケイエール代役は世界No.1騎手!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補