NEW

「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器

「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器の画像1
昨年の優勝馬メイケイエール。今年のシルクロードSを勝つ馬は?

■高松宮記念へ向け注目馬が出走

 今週末にJRAで行われるシルクロードS(G3)は、春の短距離王決定戦・高松宮記念(G1)の前哨戦に位置付けられている。過去の優勝馬を見ても、ダノンスマッシュ、ファインニードル、ストレイトガール、ロードカナロア、ファイングレインと短距離王が勢揃いというわけで、今年も好メンバーが揃った。

 人気を集めそうなのは京阪杯(G3)を制したトウシンマカオ、スプリンターズS(G1)2着のウインマーベル、快速馬ナムラクレア、4連勝中のマッドクールなど、いずれも高松宮記念を狙う実力派のスプリンターばかり。とはいえ、人気馬で簡単に決着するとは思えない。賞金的に高松宮記念の出走が決まっている馬が、100%の仕上げで挑むはずはないし、同じコースの高松宮記念へ向けて、騎乗法を模索する陣営もあるだろう。またこのレースの大きなポイントとして、過去の優勝馬は「関西馬の独壇場」といった傾向がある。

 過去10年の優勝馬はすべて関西馬であり、関西馬の1・2・3着独占は5回もある。そして2013年11番人気3着メイショウデイム、2014年13番人気3着リトルゲルダ、2016年11番人気3着ワキノブレイブ、2018年15番人気3着フミノムーン、2019年11番人気2着エスティタート、12番人気3着ティーハーフなど、超人気薄で激走しているのも関西馬ばかり。つまり本命馬も穴馬も関西馬を狙うのが得策なのだ。

 今年のメンバーを見てみると、上位人気必至のトウシンマカオとウインマーベル、さらに穴人気になりそうなキルロードは関東馬であり、その取捨選択は迷うところ。そして何より、今年はどの関西馬を買えばいいのか、どんな穴馬がいるのか、そこを絞ることが重要なポイントといえる。

 ならばここは、関西馬情報を知り尽くすスペシャリストに話を聞くのが、シルクロードS的中への最短距離だろう。しかしそれは既存の競馬マスコミや競馬記者ではない。もちろん芸能人予想家やデータ予想でもない。実際に関西馬の拠点である栗東トレーニングセンターで、競馬関係者として活動した経験があり、現役の関西関係者と親密な立場になければならない。でなければ、本物の関西馬情報を入手することはできないからだ。

 そこで浮上するのが、関西馬情報のスペシャリスト集団である「チェックメイト」である。

 チェックメイトは、実際に栗東トレーニングセンターで活動していた元JRA調教師や元JRA騎手、さらに元厩務員や元調教助手など、関西競馬サークルに深く関係している本物が数多く所属。中には栗東トレセンに30年以上も出入りし「トレセンで知らない人はいない」と言われるほどの人物もいる。まさしく関西馬情報のスペシャリスト集団だ。

 2022年もJRAは西高東低だった。関西馬の2042勝に対し関東馬は1416勝と大きく劣り、10年以上もこの傾向が続いている。特にJRAの平地重賞では関西馬89勝、関東馬40勝とダブルスコアで圧倒。シルクロードSは過去10年以上関西馬が連勝し続けているが、同様のレースは数多くある。それだけに、いかに正確な関西馬情報を入手できるかどうかが、競馬で勝ち組になるために重要といって間違いない。

「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器の画像2
関西馬の勝負遠征を見抜き、万馬券を量産

 その関西馬情報のスペシャリストであるチェックメイトは、当然のことながら多くのレースで的中を連発。今年も中山に遠征した関西馬で万馬券的中など、中山・中京・小倉の各地で万馬券を的中させている。波乱となった重賞も愛知杯(G3)を的中させているが、驚かされたのは出走馬中最低人気だったオメガリッチマンの激走を事前に把握し、万馬券を的中させた京成杯(G3)だ。

 オメガリッチマンは出走馬中唯一の単勝万馬券という圧倒的な穴馬で、それまでの成績からほとんどの競馬記者が無印にしていた関西馬。そんな格下馬を相手に抜擢できたのは、関西馬情報を知り尽くすチェックメイトだけではなかろうか。この一事をもって、チェックメイトが入手する関西馬情報の確かさを証明しているといえよう。

 そのチェックメイトが的中に向けて万全の準備を進めているシルクロードSは、果たしてどんなレースになるだろうか。現時点で彼らが把握している情報について、特別に話を聞くことができた。

「JRAの傾向として、スプリンターズSや高松宮記念を頂点とする芝の短距離路線は、圧倒的に関西馬が優勢です。シルクロードSも10年以上関西馬が勝利しており、高松宮記念も過去10年で関西馬7勝、関東馬2勝、外国馬1勝となっています。

 その理由は、栗東には短距離戦に強い厩舎があること、短距離向けの素質馬が多く預けられることなど、いくつかの理由があります。過去にシルクロードSを勝利した関西馬も、人気薄で激走した穴馬もそういった傾向に当てはまります。それらを踏まえてこのシルクロードSは、関西馬の独壇場となってきました。

 今年は11月の京阪杯で勝利したトウシンマカオなど関東馬が出走を予定していますが、そのレースと高松宮記念の前哨戦である今回のシルクロードSでは、関西陣営の意気込みや思惑、仕上がり具合などがまったく異なります。京阪杯と同様の結果になると述べているマスコミも見受けられますが、そんな単純なレースではありません。

 特に高松宮記念へ出走するため、ここにすべてをかける関西の秘密兵器ともいえる穴馬情報は必見です。人気馬をまとめて差し切るだけの能力を持ち、そしてコース適性、仕上がりも万全。多くのマスコミが関東馬に目を向けているのも好都合で、京成杯で激走したオメガリッチマンと同じような雰囲気。ここでアッと驚く結果を見せつけることが期待されています。

「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器の画像3
関西馬が平地重賞を席巻!2023年もこの傾向は続くだろう

 もちろんチェックメイトはそんな穴馬情報を含め、このレースで買うべき関西馬をしっかりと把握済み。しかも人気がトウシンマカオやウインマーベルに集中することで、配当妙味がグッと上がり、1月を締めくくる最高の勝負レースになるでしょう。

 今回、特別にシルクロードSの 【3連単フォーメーション情報】を無料で提供いたします。このレースを的中させれば、2月のフェブラリーS(G1)までの軍資金もしっかりと稼げることでしょう。ぜひご期待ください」(チェックメイト担当者)

 多くの競馬ファンにとって聞きなれない関西馬情報だが、関西馬が所属する栗東トレセンは、馬だけでなく騎手も一流どころが揃っている。武豊騎手、川田将雅騎手、福永祐一騎手、そしてC.ルメール騎手や今村聖奈騎手も関西所属だ。つまりJRAは圧倒的に関西の影響が強く、その関西馬情報を把握できなければ安定して馬券で勝つことはできない。

 2023年はこれまでの馬券スタイルを見直し、関西馬情報を中心とした予想法を確立するのがベストではなかろうか。そのためにも、関西馬情報のスペシャリスト集団であるチェックメイトが提供するシルクロードSの無料情報は、その第一歩として必ず目を通しておくべきだろう。

CLICK→無料公開!【シルクロードS「3連単フォーメーション勝負買い目!」】チェックメイト

※本稿はPR記事です。

「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  2. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  3. 武豊「偉業達成」の裏で空気一変!? 関西の名手が「負の連鎖」断ち切る快勝でドウデュースやエフフォーリアも油断禁物?
  4. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  5. JRA大物離脱に鞍上交替…「風雲急を告げる」フェブラリーS(G1)、持っている騎手と持っていなかった騎手に「痛過ぎる」明暗
  6. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  7. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  8. たった一度G3ではなく「重賞」として格付けなしのダートで開催された共同通信杯を勝った怪物とは
  9. 京都記念(G2)武豊×ドウデュースに一抹の不安…マカヒキ、ワグネリアンも屈した「負のジンクス」とは
  10. JRA 岩田康誠「即日騎乗停止」でもはや四面楚歌!? 擁護の声は皆無に等しい日常の言動、関係者も危惧していた先輩騎手からの“後輩いびり”